ゆりやんレトリィバァ、世界進出の野望語る 米オーディション番組出演後オファー殺到?

モデルプレス / 2019年6月18日 14時3分

ゆりやんレトリィバァ (C)モデルプレス

【ゆりやんレトリィバァ/モデルプレス=6月18日】お笑い芸人のゆりやんレトリィバァが18日、都内で開催された「友近コント作品集『演って候』PREMIUM BOX 2014-2018」DVD発売決定会見&囲み取材に、友近、バッファロー吾郎A、秋山竜次(ロバート)、山本博(ロバート)とともに出席した。

◆友近、米オーディション番組出演のゆりやんレトリィバァを絶賛

アメリカの人気オーディション番組『America’s Got Talent』(通称:AGT)でのパフォーマンスが世界的に反響を呼んだゆりやんは「皆さんに『見ましたよ』と言っていただきまして『涙が流れました』という方もおられたんですけど、ただ手首をひっくり返して、裸で走り回っていただけですので」と笑顔でコメント。

ゆりやんの親友でもある友近は「ジーンと来ましたもん。この大舞台で、やりたいことを堂々とやっているゆりやん、すごいなって」と絶賛。ゆりやんが自身のことを尊敬しているこという言葉を受けると、友近は「デビューしたときから、ネタを初めて見て。『あ、同じような匂いの人』というか。一緒に何かやったら面白い人が出てきたぞっていうのは、すぐ思いまして」と当時からゆりやんの才能を買っていたことを明かした。

◆ゆりやんレトリィバァ、世界進出への野望を語る

またAGTへの出演後、オファーが殺到しているという噂がある…と報道陣から振られたゆりやんは「実はアメリカから、お仕事が…一本も来ていません」と自虐交じりに否定。友近は「いや、事務所には来ていると思うよ」とフォローしたが、ゆりやんは「海外の事務所がありまして、そちらのマネージャーさんに問い合わせましたので…一本も来ていません」と重ねて否定した。

この告白に大ウケした友近は、ゆりやんが同番組で見せた英語力に触れ「オリンピックとかもあったりね。海外の人がいっぱい来るから、忙しくなると思う。通訳とかもできるくらいの英語」と、今後の活躍に期待。

ゆりやんは「オリンピックに出るなら、100メートル男子がいいです」とボケつつ「ようよう考えたら、手首をひっくり返して裸で走り回ってるだけですので。もっと、友近さんとか先輩方のように。いろいろできるようなことをもっと増やして。海外で発表できるようになりたいなって、思ったり、思わなかったり」と世界進出への思いを語っていた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング