「女子高生ミスコン2019」北海道・東北エリアの候補者公開 投票スタート<日本一かわいい女子高生>

モデルプレス / 2019年8月20日 21時10分

「女子高生ミスコン2019」北海道・東北エリアの候補者※写真は一部

【モデルプレス=2019/08/20】“日本一かわいい女子高生”を決める「女子高生ミスコン2019」は20日、北海道・東北エリアの『投票サイト powered by モデルプレス』をオープン。候補者が公開となった。

◆「女子高生ミスコン2019」北海道・東北エリア

投票サイトには、書類審査・面接審査を突破した候補者たちの写真が並び、「投票数」「応援メッセージ数」「サイト閲覧数」「リツイート数」「LINE LIVEポイント数」「TikTokいいね数」「mystaポイント数」「総合ポイント」の8項目で審査される。

投票開始の翌8月21日に中間結果を速報し、25日21時59分に投票締切、26日にSNS審査通過者を発表。北海道・東北エリアは、15人(都道府県代表7人+SNS代表8人)が次の審査へと進むことができる。

なお北海道・東北エリアは、北海道、青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県からエントリーした高校生が対象。

◆「女子高生ミスコン2019」6エリアでSNS審査を実施

「女子高生ミスコン」は、今年度も「北海道・東北」「関東」「中部」「関西」「中国・四国」「九州・沖縄」の6エリアでSNS審査を実施。エリアごとに設けられた投票サイトにて、約500人の候補者たちが競い合っている。

このSNS審査までに約500人が勝ち残っているが、セミファナリストとして次に進めるのは6エリア合計で100人。「SNS代表」と「都道府県代表」の2つに分けられる。

「SNS代表」53人と「都道府県代表」47人が選び出され、6エリア合わせて100人が次の審査へと駒を進める。

※「女子高生ミスコン2019」の問い合わせ
下記「女子高生ミスコン」運営メールアドレスまで。
support@jkmisscon.jp

◆「女子高生ミスコン2019」今後のスケジュール

今年より、セミファイナリストに選ばれた100人を対象に「地方週末レッスン」を新たに開催。ファイナリスト選出には、この地方週末レッスンも審査対象となり、候補者たちはレッスンや撮影、セルフプロデュースなどを学び“日本一かわいい高校生”の称号を狙う。

グランプリは12月15日に東京で行われる本選で決定。グランプリ受賞者は、大手芸能事務所に所属できる権利を付与されるほか、「女子高生ミスコン」をTV・雑誌等で広く宣伝するPR大使に任命される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング