浜辺美波「しくじり先生」での“ウトウト”反省「しくじってるのは私です」<アリバイ崩し承ります>

モデルプレス / 2020年1月22日 13時25分

浜辺美波(C)モデルプレス

【モデルプレス=2020/01/22】女優の浜辺美波が22日、神奈川県・よこはまコスモワールドにて行われた2月1日スタートのテレビ朝日系新土曜ナイトドラマ『アリバイ崩し承ります』(毎週土曜よる11:15~)制作発表記者会見に、共演の安田顕、成田凌とともに登壇した。

◆浜辺美波「しくじり先生」での“ウトウト”反省

同作が時計をテーマにしたドラマであることから、世界で一番大きな時計型観覧車がある同所で会見を実施。

“世界で一番”というキーワードにちなみ、「これだけは世界一だと思っていること」と聞かれた場面で「寝起きがいい。目覚ましが鳴って0.5秒くらいで覚醒するんです」と自信たっぷりに返答した浜辺。

しかし、浜辺は最近、同局系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に出演した際、番組中にウトウトしてしまい、その姿が「可愛すぎる」と話題になったため、安田からは「びっくりした、この間。『しくじり先生』出てたでしょ?確実にうたた寝してたよね?」とつっこみが。会場からは笑いが起き、“しまった”というような表情を浮かべた浜辺は「あれは本当に反省です。しくじってるのは私です」と申し訳無さそうにコメントしていた。

◆新ドラマ『アリバイ崩し承ります』は「本格ミステリー」

同作は、2013年に『本格ミステリ大賞』を受賞したトリックの名手・大山誠一郎氏の同名小説が原作。祖父の跡を継いで時計店を営む主人公・美谷時乃(浜辺)が、時計修理と平行して事件の真相を解明する本格謎解きミステリーを描く。

時乃にこっそりアリバイ崩しを依頼する警察キャリア・察時美幸を安田、那野県警察本部刑事部捜査一課の刑事・渡海雄馬を成田が演じる。

主演の浜辺は「今回のドラマはチームワークもありユーモアもあり、でもしっかりとしたトリックとトリックの展開が重なっている本格ミステリーとなっています」とアピールした。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング