メンタリストDaiGo「アンチに容赦など不要」誹謗中傷に対する強いメッセージ 木村花さんの訃報受け

モデルプレス / 2020年5月23日 20時50分

DaiGo (C)モデルプレス

【モデルプレス=2020/05/23】メンタリストのDaiGoが23日、自身のTwitterを更新。恋愛リアリティショー『テラスハウス』最新シーズン「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」に出演中だったプロレスラー・木村花さん(享年22)の訃報を受け、ネット上の誹謗中傷に対する強いメッセージを発信した。

◆DaiGo、誹謗中傷に対する強いメッセージ

DaiGoは、「テラスハウスの木村花さんの訃報見てやはり思うけど」と切り出すと、「芸能事務所とかは、ネットの誹謗中傷に対して、【情報開示請求】ちゃんとやって訴訟したらいいと思う。アンチに容赦など不要。損害賠償だけでなく、勤務先の会社にも内容証明送りつけて【社会的に抹殺】すべき」とネット上の誹謗中傷に対する強いメッセージを発信。

「Twitterのリプライの中傷だろうと、YouTubeのコメントだろうと、今は情報開示請求で全部たどれるからね。僕は訴訟から勤務先への内容証明送付まで【示談なしで全部やりますよ】」と続けた。

YouTubeでは200万人以上のチャンネル登録者数をもつDaiGo。「誹謗中傷者を特定して、情報開示請求して、訴訟するとこまでの流れを動画にしてYouTubeに出したら、広告費で訴訟費用ぐらい稼げるんじゃないのかな?」と持論を展開し、「お金の問題があるYouTuberや著名人はそれでアンチを叩き潰せばいいと思う」とつづった。

◆木村花さん、死去

木村さんが所属するプロレス団体・スターダムは23日、「当社所属選手木村花選手が本日5月23日逝去いたしました」と報告。「突然のことでファンの皆様、関係者の皆様には深いご心配と、哀しみとなり、大変申し訳ございません。詳細につきましては、いまだ把握出来ていない部分もあり、引き続き関係者間の調査に協力してまいります」としている。

木村さんはテラスハウスに2019年9月より入居。最近ではSNSなどで誹謗中傷に苦しむ胸の内を発信しており、亡くなった23日未明にはInstagramで「愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね。」と投稿していた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング