インスタグラマー宮崎麗香“美しすぎるシングルマザー”と呼ばれる秘密とは

モデルプレス / 2020年12月23日 14時32分

宮崎麗香(提供写真)

【モデルプレス=2020/12/23】バイリンガル、父は参議院議員、パリの社交界にもデビューしたことがあり、セレブタレントとして活動していたこともある宮崎麗香。現在は3人の子どものシングルマザーとして、自ら道を切り開く経営者として活動している。さらに、美しすぎるシングルマザーとして、Instagramで15万7000人以上からフォローされているが、彼女はなぜそこまでのフォロワーを確保したのか。そして、これからどこへ行くのか。今回、インタビューで語ってもらった。

◆生まれてこのかた…

セレブタレント時代もありました。私の母親が長野県諏訪市出身で、里帰り出産したので、一応プロフィール上では長野県出身です。でも、その後は東京・世田谷で育ちました。インターナショナルスクールに12歳まで通い、その後、アメリカへ移住。理由は主に私の教育のためでした。

高校の半分くらいで日本へ戻って、その後、上智大学へ。15歳の時にモデル事務所にスカウトされ、大学在学中に大手タレント事務所に移籍し19〜20歳で芸能界へ。

フジテレビやキー局で数本レギュラーももっていました。当時流行っていたセレブタレントみたいな感じでしたね(笑)。パリの社交界でもデビューしたからかな。

同じ代でデビューした子の中で一番活躍しているのは。ドラマ「エミリー、パリへ行く」や、映画「白雪姫と鏡の女王」に主演する女優のリリー・コリンズですね!デビューできて楽しかったし、いい経験でしたけど、今は正直あんまり役に立たないですね(笑)。卒業後、台湾の大学にも1年通っています。中国語ですか?少しです(笑)。しばらく住めばまた言語感覚が戻ってくるかもしれないけれど。

◆子育て…

子どもは生きているだけで可愛い。

25歳で台湾へ行って、1年で戻ってきて。29歳で最初の結婚、その後離婚2回あり(笑)、3人の子供を産んでいます。一番下の子はちょうど1年前ぐらいに産んだのですが、かなり大変でした。お腹の中でうまく育たなくて、981グラムで産んで、しばらくNICUに入っていました。

2019年と2020年の前半はずっと入院と通院の生活でしたね。今は同じ歳の子供のなかでも大きいほうになったので、よかったと思っています。本当に可愛いんです。

先日、子供と二人でブロッコリーを食べている動画がInstagramでバズりました。いつもこんな感じです。無邪気で太陽みたいな子。そんなわけで、4歳男子、2歳男子、1歳女子の子どもがいます。みんなとてもいい子。保育園とシッターさん、それから私の実家にも助けてもらっています。

4歳男子は超クールで頭いい感じ、観察力がすごい。この間、ディズニーランドに連れていったのですが「It’s a small world」に入ったら「この歌はどこから流れてくるの」と言うのです。「お人形たちが歌っているんだよ」と言ったら「この人数じゃそんな大きな音は出ないよ」と。

2歳男子は太陽のようなザ・子どもらしい子で、お味噌汁と白いご飯を出すと「おみそちるー」と拍手して「おいちいー」と喜んでくれます。1歳女子は逆境で生まれたせいか、まだしゃべらないけれど、顔に強い意志を感じます。眼力がすごいし、おっさんみたいな大きなくしゃみをしてくれて、たのもしい!

やっぱり女子は強い(笑)。女の子を産んで尚更感じます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング