1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

櫻坂46森田ひかるに聞く“夢を叶える秘訣” センター抜てきから半年、今1番の願いとは

モデルプレス / 2021年4月10日 19時50分

モデルプレスのインタビューに応じた、櫻坂46・森田ひかる(C)モデルプレス

【モデルプレス=2021/04/10】櫻坂46の森田ひかる(19)が「第32回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2021 SPRING/SUMMER」(以下:TGC、2月28日開催)に出演。バックステージでモデルプレスのインタビューに応じ、グループのセンターを任されている現在の心境や、夢を叶える秘訣などを語った。

◆森田ひかる、1年ぶり2度目のTGC出演

森田のTGC出演は1年ぶり2度目。ランウェイ直後に話を聞くと、開口一番「緊張しました」とほっと胸をなでおろした。

「前回、そして今回と無観客のTGCしか経験したことはないのですが、本当に緊張します。歩く前は天ちゃん(山崎天 ※「崎」は正式には「たつさき」)と夏鈴ちゃん(藤吉夏鈴)と、ポーズどうする?どうしよう、どうしようって話していました(笑)。理佐さん(渡邉理佐)にアドバイスを求めたら『自分がしたいポーズでもいいと思うよ』と言ってくださったので、新しい櫻坂ポーズにしました」

今回は欅坂46からの改名後、初めてTGCでライブパフォーマンスも行った。

「櫻坂46を見たことがない方々にも届けられる機会をいただけて、すごく嬉しかったです。少しでも興味を持っていただけたら、曲やパフォーマンスを知っていただけたら、という想いを込めて全力を尽くしました」

◆森田ひかる、センターに立つ今の心境

昨年10月に欅坂46から櫻坂46に改名。同年12月発売の1stシングルで表題曲「Nobody's fault」のセンターに抜てきされた。重役を担うことになってから約半年が経過、心境に変化はあったのか、そして手応えはあるのか。

「改名後、最初のシングルが私でいいのかな、っていう気持ちは正直ありましたが、今はだいぶ前向きになれたような気がします。こうしてみよう、ああしてみよう、って冒険できるようになったというか。天ちゃんと夏鈴ちゃんも違う曲ですが一緒にセンターをやっているので、いろいろな想いを共有しながら一緒に頑張れていると思います」

「今でもセンターに立つことに不安はある」と話したが、表情は明るい。“グループ全員”で邁進できていると手応えを感じているから。

「グループ全員で作ることを大切にしています。欅坂46から櫻坂46に改名したことを知らない方はまだたくさんいると思うので、一人でも多くの方に知っていただけることが、今の1番の願いです。私、グループのことを好きって言ってもらえると、本当に幸せな気持ちになれるんです」

◆“森田ひかる”としての成長にも意欲

グループのセンターとなり「森田ひかる」の注目度は増した。ひかりTVオリジナルドラマ「ボーダレス」では演技に挑戦し、今回のTGCをはじめ、女性ファッション誌への出演など、モデルとしての活動も増えている。

「自分自身の幅をどんどん広げていきたいです。ドラマでお芝居をやらせていただいたのですが、とても楽しくて、学べることがたくさんありました。やったことがないことに挑戦すると、櫻坂46のパフォーマンスに持ち帰ることもできるんだなと実感しました。これから自分のスキルアップのためにも、グループのためにも、柔軟にいろんなことに挑戦していきたいです」

◆森田ひかるの“夢を叶える秘訣”

そんな森田が約1年前のインタビューで語っていた夢を叶える秘訣は「自分から発信すること」。激動の1年を経て、今思う“夢を叶える秘訣”を改めて聞くと、センターの経験から得た成長と、応援してくれるファンへの感謝がうかがえた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング