QRコードに動画を入れて就活に使う大学生が増加 動画が変える新しい就職活動事情

もぐもぐニュース / 2019年8月7日 16時49分

動画選考を受ける学生が頭を悩ませるポイント

ここ数年で採用活動に動画選考を採用する企業が一気に増加しました、特にエントリーシートの提出数が圧倒的に多く、一人ひとりの個性を把握することが難しい大手企業では、エントリーシート+動画、または自己PRや自己紹介をする動画を用いた選考が採用されるようになっています。

そして、学生には志望する企業に効率よくアプローチする力が問われています。その名の通り、自己PR動画を作成したり、学生時代に特に注力した内容を盛り込んだスライドを作成したりと、工夫を凝らした動画の提出が求められています。

ただし、頭を悩ませるの学生が多いのが、「どんなツールを使って動画を見せる」かという難題です。もちろん、すでに動画選考を始めている企業であれば、その会社が用意したアップロード用のWEBから、エントリーシート+動画、または自己PR動画といった決められたフォーマットに従ってアップすれば問題はありません。しかし、動画選考を実施している企業はごく一部であること、また、どうせ動画をつくるのであれば、志望する企業にアピールしたいというのが学生の本心であり、頭を悩ませるポイントです。

YouTubeで動画を作成する際の注意点

「動画を作成する」と思い立ったときに、真っ先に思い浮かぶツールがYouTubeでしょう。アカウントさえあれば、誰でも簡単に投稿することができ、また企業側もオンラインの環境さえあれば、いつでも見られるというメリットがあります。後は、そのURLをエントリーシートに書き込めばOK。

…というにはちょっと問題があります。YouTubeの「誰でも見れる」という手軽さには注意が必要です。動画を作成し、志望する企業が見るまでの短い期間だとしても、どこの誰に見られてしまうかわかりません。また、本人が登場しない学生時代に特に注力した内容を盛り込んだスライドであれば、問題になることは少ないでしょうが、顔を写す必要がある自己PR動画は思いもよらない誹謗中傷にあってしまう可能性があります。

広告や関連動画が出てしまう危険性もあり、誰でもコメントができてしまうため、専門的な学習をアピールする動画が違った意味で目立つことも考えられます。もちろん、企業側も関係のない関連動画や根拠のないコメントをアテにすることはありませんが、少なからず印象を残ってしまう可能性があるのです。

さらに、動画選考をしていない企業には、「エントリーシートにURLを添付する」というアピールが必ずしも好印象につながらないという事実にも注意が必要です。そもそもURLがついているからといって、それをそのままコピペして見ようとする人は稀です。特にコミュニケーションに重きを置いている企業へ、見る側の気持ち(ユーザビリティ)を理解しない方法は、マイナス評価につながってしまう可能性があり、どこの企業でもエントリーシートにURLを添付することが印象に残せる方法ではないことを理解しておきましょう。

学生たちに人気のQRコード動画サービス「mevie」

mevieとは、自己PRや作成したスライド動画をQRコードとURLに変換し、簡単に共有できる使い勝手の良いサービスで、最近では高校生や大学生など若世代を中心に人気となっています。

最近のアプリはダウンロードするものがほとんどですが、mevieは無料でサイトに登録し、動画をアップロードするだけで誰でも簡単にQRコードを作成でき、QRコードさえ読み取れれば見る側もアプリをダウンロードする必要がありません。また、登録せずに利用することもでき、この場合にアップデートした動画は30日間で自動削除となるため、YouTubeのような誰でも見れる環境にさらされるという心配もありません。

そして、すでに動画選考を採用している企業やWEBからのエントリーをさせている企業には、エントリーシートにURLを貼り付けたうえで送付し、そうでない企業にはQRコードを添付したエントリーシートを送ることで、企業に程よいアピールが可能になります。動画選考を採用していない企業でも、「QRコードを読み込んでいただければ、私の学生時代の取り組みをご理解いただけます」と記載していれば、決して強すぎるアプローチになることもなく、興味のある人事だけがチェックしてくれるツールに仕上げることができます。

こういったことができるために、現在では就活をしている学生にもmevieの動画QRコードを利用するといった人が増えているのです。

アピールの仕方は工夫次第でさまざま

アピールするつもりがない、さり気なさをアピールするさいにはYouTubeよりもmevieを利用するべきなのかも知れません。特にインターンやOB、OG訪問に気さくに応じてくださった企業へのお礼や挨拶をするさいにmevieは活躍してくれます。

インターンで学べたことやOBやOGとの思い出はお礼状に、ふさわしい服装やメッセージを盛り込んだ動画を見れるQRコードを貼り付けるという方法で、さり気なく個性をアピールくらいが就活にはベターです。お礼を伝えるという目的にあるにも関わらず、大々的な動画を作成し、YouTubeにアップデートすることは、プライバシーの観点からも避けるべきといえるでしょう。

このようにアピールしたいこと、伝えたい想いなどを表現する方法を動画にアップロードする形式を変えることが、ほかの就活生との違いを明確にするコツと言えます。

【参考】 https://mevie.it
【English version】 https://mevie.love

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング