夫が社会保険に加入、「保険貧乏」を回避する家計見直し術

MONEYPLUS / 2019年8月22日 18時30分

写真

夫が社会保険に加入、「保険貧乏」を回避する家計見直し術

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、夫が社会保険に加入することになり、家計を見直しているという34歳の主婦。家族の楽しみも大切にしながら、将来の貯蓄もしたいといいますが、まず何から手をつけたらいいのでしょうか? FPの前野彩氏がお答えします。

今まで業務委託で働いていた主人が、今月から社会保険に加入できることになりました。主人も私も国民年金だけでしたので個人年金に加入していますが、今は老後資金より預貯金を増やした方がよいでしょうか? また、手取りがかなり下がるため生活費を見直ししています。ただ、主人の休みは週1回で、楽しみがスマホゲームなので通信費は高めですが、このままにしてあげたいと思います。お昼はお弁当を持参しています。家族みんな、食べることが好きなので食費は高めですが、子供には色んな食材を食べて健康に育ってほしいです。家族の時間を大切にしながら、教育費も老後資金も貯めていきたいのですが、何を優先していけばよいでしょうか?


また、子供2人おりますが、できればもう1人ほしいです。ただ貯蓄がなかなかできません。子供の習い事の送り迎えもあるため、私は在宅で働いています。子供との時間を過ごしたいのでしばらくはこの働き方を変えたくありません。変動はありますが、年間60万ほど稼いでいます。自分のお小遣いとして、また家族のレジャー費として使っています(補足ですが、実家はどちらも持ち家、兄弟はいますが一緒には住んでいません。将来住むことは可能だと思います)。


〈相談者プロフィール〉
・女性、34歳、既婚(夫:41歳)
・子供2人:8歳、0歳
・職業:専業主婦
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:42万円
(夫34.5万円+妻5万円+児童手当2.5万円)
・年間の手取りボーナス額:なし
・毎月の世帯の支出目安:約38万円


【支出の内訳】
・住居費:6.5万円
・食費:6万円
・水道光熱費:2.2万円
・教育費:1.9万円(習い事)
・保険料:7.3万円
 -医療保険2.1万円
(夫1万、妻0.8万円、子供0.3万円)
 -個人年金3.2万
(1万円×2本、1.2万円×1本)
 -教育資金としてドル建て終身保険2万円
(払込10年、年払い12万円×2本)
・通信費:2.2万円(スマホ3台とWi-Fi代)
・車両費:2.1万円
・お小遣い:1.5万円
・その他:5万円(レジャー代含む)
・返済:3.7万円(リボ払い)


【資産状況】
・毎月の貯蓄額:3万円
・現在の貯蓄総額:40万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:なし


前野: いわゆる貯蓄型保険を活用して、老後資金と教育費の準備をがんばっていらっしゃいますね。今後は、ご主人が厚生年金に加入されることで、社会保障が手厚くなります。この機会に家計を整えていきましょう。

必要支出か、楽しみのための支出か?優先順位を考える

ご主人の楽しみは守りつつ、生活費の見直しをがんばりたいとのこと。カギを握るのは、お金の使いかたです。

まずは、お小遣いの金額を決めましょう。家計としての「お小遣い」の1.5万円の内訳が、もしもご主人のお小遣いだけであれば、ご自身のお小遣い金額を決めましょう。予算が明確になると、家計管理がスムーズになります。

また、お小遣い1.5万円と、レジャー等の「その他」5万円を合計すると、1カ月で6.5万円が家族の「楽しみ費」です。ご主人の楽しみのスマホゲーム料が仮に0.5万円とすると、合計で1ヵ月7万円が家族の楽しみになっています。

お小遣い、レジャー費、という項目別の分類に加えて、「必要な支出」か、それとも「楽しみのためのお金」か、という観点から優先順位を考えると、お金の使いかたが変わります。楽しみ費が適正かどうかをご夫婦で話し合ってみてください。

このままでは“保険貧乏”に?まずは月収6ヵ月分の貯蓄を

1年間の保険料は87.6万円です。貯蓄性がある保険に加入されており、将来のための準備ではあるものの、「もしものときは安心だけど、今、使えるお金がない」という、“保険貧乏”になってしまっています。

現在の貯蓄額は40万円と、月収を下回った状態です。保険は必要最低限にして、貯蓄額を増やしましょう。第一目標は、月収の6ヵ月分です。

まずは、医療保険の見直しです。

ご主人が、国民年金&国民健康保険から、厚生年金&健康保険に加入されます。今までは、1ヵ月の医療費の上限が約9万円となる「高額療養費」制度しかありませんでしたが、「傷病手当金」の保障が加わります。傷病手当金は、会社を連続3日休み、4日目以降も働けず、十分な給料が出ないときに、健康保険が収入の約3分の2をサポートしてくれる制度です。これにより、毎月1万円支払っているご主人の医療保険の減額や解約ができます。

また、お子さんの医療保障は、自治体の乳幼児・子ども医療費助成制度がありますし、学校でのケガについては、自己負担がゼロ円となる日本スポーツ振興センターの「災害共済給付」制度があります。「あったら安心」ではなく、本当に必要な保障に絞って加入することで、保険料を減らしましょう。
 
次に老後の備えです。

個人年金保険は、老後資金の準備方法の一つであり、個人年金保険料控除が使えます。現在、個人年金保険料として年間38.4万円を支払っていますが、年収400万円の方が個人年金保険料控除4万円を利用した場合に安くなる税金は、1年あたり4800円です。

同じ老後資金目的であれば、iDeCo(個人型確定拠出年金)もあります。会社員の掛金上限となる年間27.6万円をiDeCoで積み立てると、小規模企業共済等掛金控除27.6万円が使えるため、1年あたり4万1600円の税金が安くなり、税金上有利です。

とはいえ、今まで積み立ててきた個人年金保険を解約すると、支払った保険料よりも少ない金額しか戻ってこないため、減額あるいは払い済みを保険会社に相談しましょう。

保険と家計の見直しを行ったうえで、収入の6ヵ月分の貯蓄ができたら、掛金月額5000円から加入できるiDeCoを検討しましょう。

リボ払い家計からの脱却を

気になるのがリボ払いです。リボ払いの手数料は、低いところでも10%程度かかります。節約をして家計を引き締めながら、一方で手数料を払っていたのでは、家計は改善しません。

これからは、ローンを利用するのはマイホーム、または、ご実家を受け継ぐときのリフォームのみというルールを作って、リボ払いから抜け出しましょう。

遠い将来だけではなく、近い将来のマネープランも描いて

老後に教育費、終の棲家と、遠い将来のことはしっかりと考えていらっしゃいます。そこで、近い将来のこともプランニングしませんか。

たとえば、車の買い替え。今の家計状況が続くと、「車を買い替えなきゃいけない。でも、お金がない。カーローンを組もう!」となる可能性があります。そこで、逆算の準備術です。

たとえば、10年ごとに200万円の車を買い替えるとすると、これを逆算して準備します。200万円÷10年÷12ヵ月=約1.7万円。つまり、毎月1.7万円の自動積立を行えば、車の買い替え予算が貯まります。貯まったお金を使う目的は、最初から車の買い替えですから、「このお金で車を買おう!」という前向きな気持ちでお金を使うことができます。

教育費を逆算してドル建て終身保険で貯めていらっしゃるように、他の支出も逆算して準備することで、楽しくお金が使える仕組みを作っていきましょう。

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答える「みんなの家計相談」の過去の記事一覧はこちらから。

(前野彩)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング