トイレ・風呂・洗面所…イヤな水回りは100円グッズで時短掃除

MONEYPLUS / 2017年12月14日 11時30分

写真

トイレ・風呂・洗面所…イヤな水回りは100円グッズで時短掃除

水回り……それは掃除が面倒な場所、私的ナンバーワン。そもそも水アカ、カビが発生しやすい場所は湿度が高く、薄暗いもの。その割には使用頻度が高いので、汚れが堆積しやすく、ますます嫌厭しがちです。今回は、そんな心理的ハードルをグッと下げてくれる100円グッズを集めました。使えばわかるヒットアイテムたちで、「どんどんキレイになる快感」を味わいましょう!

※(ダ)=ダイソー、(キャ)=キャンドゥ、(セ)=セリア
2017年11月取材当時の取扱いになるため、品切れ・商品変更の際はご容赦ください

まずは、洗面所ではずみをつける

メラミンスポンジとマイクロファイバークロス(ガラス用)(ダ・キャ・セ)

最初に取り掛かるのは洗面所から。範囲が比較的狭く、水回りの中ではハードルが低い場所です。蛇口についた石鹸カスや水アカ、排水溝まわりの汚れ落としは、メラミンスポンジにおまかせ。鏡も優しくなでるだけで、飛び散った歯磨き粉やファンデーションのクリームがスルスル落ちます(※強くこすると傷つくので注意)。ダイソーの落ち落ちVキングが質・量ともにコスパ最強。

また、ステンレスや鏡部分をマイクロファイバークロスでふくと、水滴跡も残らず心底気持ちいい仕上がりに。その際、ガラス用を選ぶのが◎。キッチン用品売り場にあるのでぜひ探してみて。

セスキ炭酸ソーダ(ダ・キャ・セ)

洗面所の床は、セスキ炭酸ソーダ水がおすすめ。水250ccに対して小さじ半分。劣化しにくく長期保存できるので粉タイプがコスパ優秀ですが、面倒な方はスプレータイプでももちろんOK。重曹のように皮脂・油汚れに強く、より水に溶けやすいため、ベトベトした埃汚れに最適です。特に洗濯機と防水パンの間にたまった石鹸カスと埃のW汚れなど、みるみる落としてくれるので気持ちいいですよ。

泡ジェットクリーナー排水溝用(ダ)

洗面所にただよう微妙な臭いの原因は、堆積したパイプ汚れ。ノズルつきの缶タイプなら、どんな形の排水溝にも対応してくれます。100均によくあるタブレットタイプは意外に洗浄力が弱く、下手をすると排水溝に入らずにタブレットを砕いて入れるという試練も。こちらのタイプはシューっとするだけでたっぷりの泡。1時間ほど放置して洗い流せば完了です。もちろん、風呂場の排水溝にも。

バスルームは「水アカ除去」からの「カビ取り」

落ち落ちVキング お風呂の湯アカ落とし(小物用、浴槽用)(ダ)

風呂桶や椅子などのバスグッズは専用スポンジがあります。落ち落ちVキングシリーズにも、小物用、浴槽用もあるので、さっそく使用してみたところ……けっこう力がいります。もちろんキレイにはなりますが、うっすら汗がにじみました。すべてのバスグッズを一気にやろうとすると心が折れそうになるので、入浴ついでにチマチマ進めるのがいいかもしれません。

ダイヤモンドパフ(キャ)

お風呂場の鏡、湯気もないのに曇りっぱなしになっていませんか? そこに必殺一撃をお見舞いできるのがこちら。

ライター宅の放置汚れ、優しくこすったのはわずか10秒ほどです。鏡がキレイだとこんなに気持ちいいんだ……としみじみ。キャンドゥが2014年に発売以来、大ヒットとなったというのも納得の逸品。ちなみに商品名は微妙に異なりますが、各社類似品を取り扱っています。

2WAYタイルブラシ(ダ)

水アカを落としても、一緒に落ちないのがカビ。バスルーム最大の山場は、排水溝とタイルの隙間のカビと言っても過言ではないでしょう。できればスプレー系で終わらせたいのですが、排水口のぬめりと髪の毛はどうしてもブラシが必要。こちらの2WAYタイルブラシなら排水口のぬめり取りから、隅っこのパッキンまで用途に合わせて使い分け。絶妙にこすり取れないイライラから開放してくれます。

カビ取りスプレー(ダ・セ)

大手メーカーのカビ取りスプレー、カビ●ラーにまったくひけをとらないと噂のアイテム。パッケージデザインをかなり似せてきていますが、実力も遜色なし。軽く濡らしたキッチンペーパーの上から5分塗布、しつこい汚れは15〜30分放置後、シャワーで洗い流せば、パッキンに居座るカビともスッキリさよなら。塩素系なのでクエン酸との併用はNG、しっかり換気して使いましょう。

本丸のトイレも怖くない、4つの武器

ポリエチレン手袋フリーサイズ100(ダ・キャ・セ)

100円(税抜き)で100枚、すごいコスパ力です。ただしつけてみてわかったのですが、ライターの手(一般的なSサイズ)にはブカブカ。そして極限まで薄手にしました感がすごい。脱げ防止に手首に輪ゴムを付け、トイレ掃除にトライしたところ……意外に悪くありません。心置きなく捨てられるのも高ポイント。トイレは衛生面で心のハードルが上がりがちですが、手袋が非常に効果的だと実感しました。

クエン酸(ダ・キャ・セ)

トイレのアンモニア臭や黄ばみにはクエン酸が最適。500mlの水に小さじ2杯を溶かしたものを、跳ね返りゾーンである腰から上の壁、便座、床までスプレーして、トイレットペーパーで拭き取れば匂いまでスッキリ。また尿石がたまる便器のフチ裏には水100mlに大さじ1のクエン酸ペーストを。トイレットペーパーに塗って、気になる場所にペタリ。1時間ほど放置してブラシでこすり落としましょう。

トイレブラシ鏡付き(キャ)

キャンドゥオリジナルのアイデア商品。あまりに直球な見た目に半信半疑で使ってみたところ、鏡のレベルが高すぎて、そこには絶叫モノの光景が……。賃貸の方、長くお住いの方、心して使ってください。ブラシは硬めでよくこそげ落ちますが、おそらくどのご家庭もクエン酸との併用が良いでしょう。フック穴があるので、トイレタンクにかけて来年はマメに掃除しようと誓ったのでした。

トイレのスタンプ洗浄剤(ダ・キャ)

せっかく清潔なトイレになったら、長く楽にキープしたいもの。そんな気持ちにピッタリな、某トイレスタンプクリーナーそっくりさんを発見。本家は6週間で約350円、こちらは4週間で100円というコスパの良さ。使ってみて1週間、黒ずみ汚れ一切なしのピッカピカ。匂いも本家より微香なので苦手な方も少ないのでは。ダメでも100円、試す価値は大ですよ。

どうしても腰が重くなりがちな水回りですが、「楽にできそうかな…」と思ったところから、はじめてみてください。キレイになると気持ちまでスッキリ!この心地よさは、掃除をした人だけが貰える年末ギフトです。ぜひ最寄りの100円ショップを覗いてみてくださいね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング