1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

生粋のガラケーユーザーが考える「スマホ生活のデメリット」

マネーポストWEB / 2021年9月18日 16時0分

写真

長年愛用中のピンクのガラケーを手にする中川淳一郎氏

「iPhone 13」の全容が発表され、買い換えるかどうか検討中の人もいるかもしれないが、そんなニュースにはまったく関心がない人たちもいる。それが「いまだにガラケー派」の人々だ。彼ら/彼女たちは、なぜいまだにガラケーを使い続けるのか。ガラケー歴21年でスマートフォンを一度も持ったことがない「生粋のガラケーユーザー」であるネットニュース編集者・中川淳一郎氏がその思いを述べる。

 * * *
 私の周りでスマホが普及し始めたのは2008年頃のことだと記憶しています。最初の頃は、スマホは通話とメール機能以外で何ができるのか試行錯誤しながら使っている感じで、マイクに息を吹くとスカートがめくれるという、今から考えると、それってコンプラ的にどうなのよ?と思われるようなアプリを楽しんでいる人もいましたね。その後、ビジネスシーンからプライベートまで、様々なことがスマホでできる時代となりました。学生の中には、大学に提出するレポートもスマホのフリック入力で書く人までいるようです。最新版のiPhone 13ではカメラの画質が大きく向上しているみたいですね。その進化のスピードは凄まじいと思います。

 こうして、もはやスマホは生活に欠かせないアイテムだと考えるようになった人は多いでしょうが、私は「ガラケーが使えなくなるまでは、このままガラケーを使い続けよう」と思っています。元々「ネットニュース編集者」を名乗っているため、当たり前のようにスマホを使っていると思われがちですが、ガラケーでまったく問題ないのです。ガラケーの3Gサービスは2022年から順次終了することが発表されていますが、私のガラケーは4G対応の端末のため、まだ猶予は残っています。

 ここでは、なぜガラケーを使い続けるのかを述べますが、端的に言うと「困ることがない」からなんですよ。もちろん、取引先のビルに入るにあたり、送られてきたQRコードをセキュリティゲートでかざさなければならない場面など、スマホのほうが便利だろうな、と思うことはあるものの、これは頻繁にある話ではない。その時はガラケーのカメラ機能でパソコン画面に写るQRコードを撮影して代替できるし、なんなら持ち歩いているノートパソコンの画面をそこに押し付ければなんとかなる。

 正直、追いかけられる感覚がイヤなんですよ。突然電話が来て「まだですか?」なんて言われる。「何がですか?」と聞くと「さっきメールを送ったんですが」と。こちらは外出していてメールなんて見ていないので、「すいません、ガラケーなんでメール見られないんですよ。事務所に戻ったらお返事します」と言っています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング