LINE Payが韓国「Naver Pay」と連携、インバウンド対応強化

MONEYzine / 2019年6月18日 8時0分

写真

 LINE Payは、韓国の「Naver Pay」とサービス連携を開始し、年間750万人の韓国からの訪日客への対応を強化する。

 LINE Payは、昨年11月末に開催した「LINE Fintech Conference」で発表した「LINE Pay Global Alliance 構想」のうち、韓国の「Naver Pay」との連動を6月17日から先行スタート。韓国の「Naver Pay」ユーザーが訪日した際、日本国内「LINE Pay」加盟店でQRコード決済ができるようになる。

 日本政府観光局(JNTO)がまとめた2018年の訪日外客数(総数)で、韓国(753万8952人)は中国(838万34人)についで2位となっている。

 企業・店舗は17日以降、新たに「LINE Pay」加盟店申請をする際、「Naver Pay」の加盟店申請、審査などの手続きも一緒に行えるほか、売上も「LINE Pay」と合算して管理することが可能になる。「Naver Pay」への対応申請を完了した加盟店では、「LINE Pay」とオペレーションを変えることなく、韓国人客にも対応できる。

MONEYzine編集部[著]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング