介護の未経験者が「不安なこと」、介護経験者が「実際に困ったこと」とは?

MONEYzine / 2019年8月17日 11時0分

写真

 親の介護をどうするか、自分が介護を受ける立場になったらどうしてほしいのか。アクサ生命が行った介護に関する調査で、親と子、介護の経験者と未経験者で意識の違いが浮き彫りになった。

■介護に関する親子の意識

 アクサ生命は、親を持つ40歳~59歳の男女と、子どもがいて介護された経験がない60歳~79歳の男女を対象に、「介護に関する親と子の意識調査2019」をインターネットリサーチで実施。1,000名の有効サンプルを集計した結果をまとめた。

 40代・50代で、親の介護経験がない人(250名)に、自分の親は、何歳から介護が必要になると思うか聞いたところ、「76歳~80歳」(34.0%)や「86歳~90歳」(30.8%)に回答が集まり、平均年齢は84歳となった。

 また、40代・50代で、親の介護経験がない人のうち、就労意向のある人(244名)に、「何歳まで働きたいか」聞いたところ、「56歳~60歳」(26.6%)に最も多くの回答が集まったが、「61歳~65歳」(23.4%)や「66歳~70歳」(22.1%)との回答も多く、60歳超(「61歳~65歳」から「81歳以上」までの合計)との答えは63.1%。就労希望年齢の平均は67歳となった。

■介護と仕事、両方こなす期間は長期化

 就労意向があり、父親または母親を持つ244名(父親を持つ人は148名、母親を持つ人は230名)について、親の想定介護期間と自分の就労期間が重なることが予想される人の割合をみると、父親の介護の場合では93.9%、母親の介護の場合では83.1%となった。

 同調査では、親の介護について、「自分の親が何歳から介護が必要になると思うか」という介護開始の予想年齢と、「自身は何歳まで働きたいか」という就労に関する希望年齢を聞き、予想される「介護と就労の両立期間」を出している。

 父親の介護期間と自分の就労期間が重なることが予想される人(139名)について、それぞれの期間が重なる年数を「介護と就労の両立期間」と想定した場合、平均年数は14.0年。一方、母親の介護期間と自分の就労期間が重なることが予想される人(191名)については、平均年数が12.0年となった。

 就労期間が長期化する中で、親の介護と自分の就労が重なる期間が今後ますます長期化することが予想される。

■介護を受ける場所はどこ?

 40代・50代で、親の介護経験がない人(250名)に、自分の親が要介護状態になったら、どこで介護を受けてほしいと思うか聞いたところ、「介護施設(老人ホームなど)」(38.4%)が最も高く、次いで、「親の自宅」(32.4%)、「医療施設(病院など)」(8.4%)となった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング