LINE、国内向け仮想通貨サービス「BITMAX」、新たなエコシステムの実現へ

MONEYzine / 2019年9月18日 8時0分

写真

 LINEのグループ会社のLVCは9月17日、国内に向けた仮想通貨取引サービス「BITMAX」の提供を開始した。

■LINE、国内向け仮想通貨サービスをスタート

 LINEのグループ会社で、LINEの仮想通貨事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVCは、仮想通貨取引サービス「BITMAX」を9月17日にスタートした。サービス公開は順次段階的に行われる予定で、Android版で先行スタートしている。

 BITMAXは、LINEの「LINEウォレット」タブからアクセスする。取り扱う仮想通貨は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)の計5種類。

 シンガポールを拠点とする、LINEのグループ会社LINE TECH PLUS PTE. LTD.は、2018年7月に日米を除くグローバルの仮想通貨取引所「BITBOX」をオープンしているが、今回公開された国内向けの「BITMAX」は別サービスとなる。

■1000円以下から取引可能、手数料は?

 BITMAXアカウント開設にあたっては、以下の要件を満たしている必要がある。

・LINEアカウントを持っている人
・満20歳以上かつ満75歳未満の人
・日本国内に居住している人

 その他、アカウント開設に関わる要件の詳細は、BITMAXサービス利用規約第4条(BITMAXアカウントの開設)に記されている。

 BITMAXは、1,000円以下から取引が可能。セキュリティについては、米BitGoのウォレットを採用し、利用者の資産とLINEの資産とを明確に分別して管理。取り扱う仮想通貨に対してコールドウォレットによる管理を導入している。暗号資産取引システムを構築したのはシンプレクス。

 日本円の入金は「LINE Pay」からの入金、もしくは、LINE Payに登録している銀行口座からの入金の2通りから選択可能。決済サービス「LINE Pay」との連携で、日本円の入出金をスピーディに行うことができる。LINE Payで本人確認が済んでいる人は、BITMAXでの本人確認手続きを短縮することが可能だ。

 BITMAXへの登録は無料だが、日本円の入出金、仮想通貨の出庫には手数料が発生する。仮想通貨の売買には手数料は発生せず、スプレッド(買値と売値の差)が発生する。

■LINEが目指す新たなエコシステム

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング