フェアレディZを超絶リフトアップ!? 横浜ゴム フェアレディZ ADVENTUREを写真でチェック

MōTA / 2021年2月8日 20時0分

横浜ゴム フェアレディZ ADVENTURE

シャープでスポーティな姿が魅力的な日産 Z34型フェアレディZ。武骨で男らしく、皆の人気者のSUV。同じカッコいいでも異なるジャンルのカッコよさを持つ両者だが、そのふたつをいっぺんにしてしまったら一体どうなるか?今回は「Z×GEOLANDAR(ジオランダー) 」をテーマに横浜ゴムが製作したフェアレディZ ADVENTURE(アドベンチャー)を写真と共に紹介していく。

横浜ゴム フェアレディZ ADVENTURE

フェアレディZ×オフロードの新しい挑戦

フェアレディZ ADVENTUREは「2WDスポーツカーでありながら、4WD並の走破性を持ったオフロードマシン」というコンセプトのもと、横浜ゴムとラリードライバー兼レーシングコンストラクターの塙郁夫氏の手によって製作された。

ベースにはZ34フェアレディZを使用し、タイヤは横浜ゴムの高耐久オフロード仕様の「GEOLANDAR M/T G003(ジオランダー)」を装着、それに従って特大のオーバーフェンダーも取り付け、車高は大幅にアップさせた。

そもそもスポーツカーのリフトアップ化はアメリカ西海岸地方ではブームとなっていた背景があり、開発陣は砂漠を駆け抜けた名車、パリ・ダカール仕様の「ポルシェ 959」をイメージモデルとして開発が始まった。

今回は横浜ゴムの「GEOLANDAR(ジオランダー)」のアピールも兼ねているので、一切手の抜けない本格オフロード仕様のフェアレディZが完成した。

フロントは野性味を演出しつつも、Zらしさを忘れていない

ベースであるZ34型フェアレディZのタイヤサイズは、フロント225/50R18、リア245/45R18であるのに対し、トレードマークのGEOLANDARはフロント255/75R17 LT、リアは33×12.50R17 LTとかなりのサイズアップ。さらに、サイドウォール部まで渡る野性的なブロックパターンがSUVならではの力強さを演出している。

Zをリフトアップしている足回りは、アメリカのパイクスピークヒルクライム(世界で一番大規模で有名なヒルクライムイベント)等で活躍したキングスプリング社の物を使用しており信頼性は抜群だ。

GEOLANDARを装着するために取り付けられた大型オーバーフェンダーはSUV独特の武骨さを持ち合わせていながらフラットな形状とし、フェアレディZのスタイリッシュなイメージを崩していない。

車体前部には悪路走行時のダメージを軽減するJAOS製のスキッドプレートを装着。白いボディカラーに良いアクセントになっており、車体が引き締まって見える。

リアはスタイルを保ちつつも、オフロードには必要不可欠なギミックが

Z34型フェアレディZのルーフ形状は、開発陣の目標とするパリ・ダカール仕様のポルシェ 959に近いものを感じたという。ルーフ上部から後端にかけてなだらかに落ちるラインは流麗であり、まさにポルシェ 959のような上品さを感じる。

一見リアスポイラーにも見える黒い物体は、スタックした時の脱出用として使う樹脂製スロープ。オフロードを攻めるSUVならではの装備であり、装着部も斬新でユニークだ。

特徴的な2本出しマフラーは、HKSの最先端のサウンドコントロール技術を投入した「SUPER SOUND MASTER」を使用。また、悪路での視認性を良くするためのLEDフォグランプも前部と後部のそれぞれ2基ずつ装着する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング