遂にホンダが世界初の自動運転レベル3を市販化!【みんなの声を聞いてみた】

MōTA / 2021年3月6日 15時0分

ホンダ 新型レジェンド ホンダセンシングエリート

2021年3月5日(金)、世界初となる自動運転レベル3を搭載したホンダ 新型レジェンドが遂に発売された。高速道路などにおいてクルマ自らが人間(ドライバー)に代わって運転操作を行ってくれるというこの自動運転技術に対して、果たして世間はどう捉えられているのか? ここではSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。

ホンダ 新型レジェンド ホンダセンシングエリート(Hybrid EX・Honda SENSING Elite)

世界初の自動運転レベル3を搭載

新型レジェンドには、ホンダの先進安全装備「ホンダセンシング」を大幅に進化させた「ホンダセンシングエリート」が搭載されている。

その中でも、トラフィックジャムパイロットと名付けられた機能が、高速道路渋滞時など一定の条件下において、クルマ自らが人間(ドライバー)に代わって運転操作を行う。

使用できる道路は「高速自動車国道」「都市高速道路」「それに接続される自動車専用道路」で、作動条件は開始前に時速30キロ未満で、作動開始後は時速約50キロ以下まで。主に高速道路の渋滞時などに使用する機能だ。

新型レジェンドの価格は1100万円(税込)。

SNS上でのみんなの声は?

そんな自動運転レベル3を搭載した新型レジェンドについて、早速SNS上ではどのような意見が飛び交っているのか確認してみた。

「渋滞限定のレベル3とか意味がない」「レベル4になってから売るべきでは?」「高すぎて普通は買えない。売る意味がない」とネガティブな声が一部あるものの「良い取り組み。いち早く一般的な価格での真の量産にこぎつけて欲しい」「台数限定ながら採算度外視で取り組む姿勢が素晴らしい」「メーカーの背負うリスクの方が大きいのに。是非頑張ってもらいたい」「限定的な機能は段階を踏んでのこと。ここからの進化に期待」と大半はその取り組みを評価する声が見受けられた。

中には「ハンズオフに注力しがちだけど、より凄いのは視線オフの方。実際に体感してみたい」「流石に買えないけど、レベル3ってどんなものなのか興味ある」と世界初の自動運転レベル3を早速体験してみたいという声も散見された。

まだまだ実験的段階で車両価格も高く、否定的なコメントが多いかと思いきや、総じて多くはホンダの取り組みを支持する内容。また、自動運転レベル3に対しても興味を持っている人が多い印象だった。

レベル3は「システムによる監視」で自動運転可能に

これまでの自動運転レベル1、レベル2は「ドライバーによる監視」が必須条件のいわゆる「運転支援機能」に留まるが、自動運転レベル3からは「ドライバーによる監視」ではなく「システムによる監視」になり、本格的に自動運転にレベルアップする。

「ドライバーによる監視」では、常に運転状態を維持しなければならないが、レベル3の「システムによる監視」では、ドライバーの監視は条件からはずれる。

国土交通省は、レベル3を「特定条件下における自動運転」「特定条件下においてシステムが運転を実施」と表現しており、機能のメリットは「周囲の交通状況監視から解放されて運転負荷を軽減」すること。これはレベル1とレベル2の運転支援とは概念が異なり、自動運転にレベルアップしたことを示している。

「日本メーカーは自動運転やEVに関してポジティブなニュースが少ないからこれは今後が楽しみ」とホンダの動向が注目される中、今後の課題として「先進技術に対して日本は法整備がいつも遅い。国益に直結することなので、国には本気を出してほしい」という声も。

メーカーと国、どちらか一方だけでも成立しないこういった先進技術。その一挙手一投足に注目だ。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング