1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

オシャレで日常使いも出来るキャンピングカー! 最新のハイエースベースバンコン5選【ジャパンキャンピングカーショー2021】

MōTA / 2021年4月9日 11時0分

BADEN karimoku version [2021] /トイファクトリー ジャパンキャンピングカーショー2021

キャンピングカーイベント「ジャパンキャンピングカーショー2021」が、2021年4月2日(金)から4月4日(日)の3日間、幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催された。 300台以上のキャンピングカーが勢揃いする中でも、日常シーンでも使えることで特に人気の高いハイエースベースのバンコンに注目。当記事では、ケイワークス「オーロラ エクスクルーシブ」、アドセット「シーバス」、トイファクトリー「BADEN GRANDE karimoku version」、かーいんてりあ高橋「リラックスワゴンinfinity+LCS SUPER PLUS」、ユーアイビークル「快適車中泊パッケージ釣りVer」の5車種をご紹介する。

BADEN karimoku version [2021] /トイファクトリー ジャパンキャンピングカーショー2021

リモートワークにも最適! ケイワークス「オーロラ エクスクルーシブ」

普段使いできるキャンピングカーを目指してオリジナルモデルの設計を開始したというケイワークス。手軽で汎用性の高いバンコンを中心にラインアップを増やしつつある。またリチウムイオンバッテリーを使った車内の電化にも力を入れていることも同社の特徴だ。

電力供給の性能も十分なことから、昨今は移動オフィスとしての活用にも注目が集まっている。

ブースで一番目立つ場所に展示されたのは「オーロラ エクスクルーシブ」。ハイエース初とうたわれるエレベータールーフを装備しているのが最大の特徴だろう。

従来のポップアップルーフとは異なり、ルーフが真っ直ぐに上がる構造なのでスペース効率が良く、車内の広さが際立つ。室内高は実に1850mmを確保するため大柄な男性でも立って移動ができる余裕がある。またテント部分には防水素材を用いているので雨対策も万全。

ウッドとレザーを使った上質な内装はラグジュアリーなムード満点。リチウムイオンバッテリーを搭載して最大80Aに対応し、電子レンジなどの利用も可能だ。

2人仕様と割り切った贅沢な室内はゆったり作られ、リビングアレンジでもベッド展開で2人旅を優雅に演出してくれる仕様だ。

高級ラウンジような雰囲気! アドセット「シーバス」

古くから数多くのカスタムハイエースをワンオフ製作してきたアルフレックスが、上質なキャンピングカーを目指して作ったブランドがアドセットだ。同ブランドはサイズや装備にとらわれること無く、「普段から使えるキャンピングカーの様なクルマ」を目指して、ワンアンドオンリーなクルマ作りを実施しているブランドだ。

展示車両の中でもひときわオーラを放っていたのが「シーバス」。コンセプトはキャブコン並みの設備をバンコンで実現すること。しかもベースはハイエース・標準ボディなのも見どころ。

2列目シートの右サイドに設けられた家具は上質でオシャレ。欧州高級バンコンの内装を思わせる作りだ。フロントシートは回転シートを採用し1&2列目でリビングアレンジが可能。

リアのベッドスペースも分割されたムードを持ち、バンコンの内装とは思えない雰囲気を作る。それだけでなく、シートアレンジによって後部にフルフラットのベッドスペースが作れる実用性も兼ね備えている。

ラウンジを思わせるような上質な内装空間を味わいたい、ワンランク上の居住快適性を求めるこだわり派のユーザーに必見のモデルだ。

カリモクコラボでオシャレ! トイファクトリー「BADEN GRANDE karimoku version」

バーデンをはじめとしたハイエースベースのバンコンで名を馳せるトイファクトリー。使い勝手の良い装備を極め、オシャレで質感の高いマテリアルやデザインを込めたクルマ作りが魅力のメーカーだ。

,

,

そんなバーデンの最新作としてブースに登場したのが「BADEN GRANDE karimoku version」。ネーミングからも分かるとおり家具メーカーのカリモクとのコラボ商品で、ファニチャー製作には従来のキャンピングカーとは一線を画する仕上がりだ。

ツートーンのカラーリングで彩られた家具類に加え、ファブリック素材にトパーズイエロー(サファイアネイビーもあり)を使ったコーディネートが斬新。

MOBILITY UNIT HACO×HACO(モビリティユニット・ハコハコ)

もうひとつ注目したのは「MOBILITY UNIT HACO×HACO(モビリティユニット・ハコハコ)」。こちらは既存のハイエースに対して、ユニットを取り付けて自分仕様を作れるというスタイル。キャンプはもちろん移動オフィスやトランポなど、用途に合わせたレイアウトを組み立てることができるのが魅力だ。

バンコンを手軽にオシャレに使いこなす幅広いユーザー層にフィットするこれらのモデル群。キャンピング指向のファミリーはもちろんレジャー+車中泊目的のユーザーにもフィットするはずだ。

快適なファミリーキャンプに最適! かーいんてりあ高橋「リラックスワゴンinfinity」

ハイエースのワゴンをベースにしたキャンピングカー作りが特徴のかーいんてりあ高橋。走行性能や乗り心地を重視してワゴンをベースに用いるのが同社のこだわり。中でもリラックスワゴンシリーズは中心的ラインナップとなっている。ハイエース以外にも、マイクロバス「コースター」ベースのバスコンから、ハイブリッドカー「プリウス」ベースのキャンパー、さらには軽キャンまで幅広いラインナップを持つのも同社の強みでもある。

そんな同社がショーでプッシュしたのが「リラックスワゴンinfinity」。リアには対面式のシートを装備して、横座りながら4名の乗車が可能。快適性がキーワードになっており、シートにはファスプシートを用いて座り心地や肌触りの良さを追求。天井にはLEDスポットライト6個を備え、快適な時間を過ごせるような空間となっている。

,

,

ギャレー・調理台・収納庫を標準装備し、床下は大容量の収納も施されているため、利便性も高い。ファミリーキャンプを楽しむユーザー層に人気の高いモデルとなった。

またLCS(Lithium Cooler Solar)SUPER PLUSパッケージも選べるようになった。200A/hのリチウムイオンバッテリーや着脱式クーラー、100Wフレキシブルソーラーパネルなど真夏でも安心して車中泊が楽しめる装備が用意されている。

スライドフロアが超便利! ユーアイビークル「快適車中泊パッケージ釣りVer」

ハイエースの車内カスタムや足回りのグレードアップ、実用的な車内ラックなどのオリジナルパーツを得意としてきたユーアイビークル。コンプリートカーの製作にも力を入れ、車中泊とレジャーや仕事仕様を兼ね備えた実用的なモデルをラインナップしている。

中でも快適車中泊パッケージと呼ばれるモデルが同社の大定番となっている。この仕様をベースに各種の便利装備をオプション設定して釣り仕様やサーフィン仕様、トランポや仕事仕様などを自由自在に作り上げて行けるのも同社の魅力と言えるだろう。

,

,

ショー会場に展示されていた釣り仕様のハイエース、基本となるのは快適車中泊パッケージで室内装備としてはマルチウェイベッドキットや防虫ネットや遮光パッドなどの装備、さらに足回りにはオプティマリーフやコンフォートショック、前後のスタビライザーを備えた乗り心地を改善。その上でシーリングにロッドホルダーと荷室へのスライドフロアの設置によって快適な釣り仕様を作った。

フラットなベッドや充実の荷室を備え、ミニバンではもの足りない・不満だというユーザーにピタリと決まる仕様に注目だ。

[筆者:土田 康弘/撮影:MOTA(モータ)編集部 武内 祐徳]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング