1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

ホンダ、F1で1988年以来の5連勝! なのに『本当に辞めちゃうの!?』パワーユニット自体は2022年も参戦決定に喜びの声多数!【みんなの声を聞いてみた】

MōTA / 2021年7月8日 19時0分

Red Bull Racing Honda 33号車/Max Verstappen(マックス・フェルスタッペン)[Formula 1 F1 2021 Austrian Grand Prix(第9戦オーストリアGP)] [Photo:Honda]

ホンダは2021年7月4日(日)に決勝を行ったF1(FIAフォーミュラ・ワン世界選手権)第9戦オーストリアGPで、Red Bull Racing Hondaのマックス・フェルスタッペン選手(33号車)が3連勝を達成。ホンダとしては1988年以来となるF1での5連勝を飾った! しかし…ホンダは2021年限りでF1から撤退することが決定済み。『こんなに好調なのになんとかならないのか!?』 SNSではホンダF1ファンの悲痛な叫び声があがっている。 モータースポーツを愛する自動車ライターの伊藤 梓が、ホンダF1の今、そして2022年の展望について「みんなの声」と共に解説する。

Red Bull Racing Honda 33号車/Max Verstappen(マックス・フェルスタッペン)[Formula 1 F1 2021 Austrian Grand Prix(第9戦オーストリアGP)] [Photo:Honda]

2015年に再参戦を果たすも苦労続きの第4期ホンダF1! しかし2021年、ようやく優勝争いするまでに急成長

今年2021年のF1シーズンは、約半分が経過しようとしています。特に今年は、毎戦大バトルが繰り広げられ、近年まれに見る盛り上がりを見せています。

F1 2021 第9戦オーストリアGPで優勝したマックス・フェルスタッペン選手

現在の結果を見ると、ホンダがパワーユニットを開発している レッドブル(Red Bull Racing Honda)が、なんとコンストラクターズランキング1位!

そして、レッドブルのドライバー、マックス・フェルスタッペン選手もドライバーズランキング1位と、これまでにない好成績を収めています。

こんなに好調なのに…ホンダは2021年をもってF1から撤退することを発表済み

2015年にホンダがF1に戻って来てから、一度もシリーズチャンピオンを獲れていないことを考えると、ファンとしてはとても嬉しい流れです。しかしここまで好調だと、SNSなどで耳にするのは『ホンダにF1を辞めないでほしい』という声。

そう、ホンダは「今年限りでF1を撤退する」と宣言しているのです。

SNSにあふれる「みんなの声」を拾いつつ、ホンダやレッドブルの今後を考えてみることにしました。

好調だったのに!? 衝撃だったホンダF1撤退のニュース、表向きの理由は“カーボンニュートラルを目指す”ためだったが…

ホンダが2020年10月2日、2021年をもってF1から撤退する(しかも今後の再参戦もない!)と発表した直後は、とにかくSNS界隈は大騒ぎでした。

『ここまで来て撤退はありえない!』

『ようやくチャンピオンを獲れるチャンスなのに……』

ホンダ撤退の発表を受けて、マックス・フェルスタッペンが、一時的にSNSでホンダのフォローを外すなど、ファンだけでなくドライバーにも大きなショックを与えた様子。

Scuderia AlphaTauri Honda 10号車/Pierre Gasly(ピエール・ガスリー)選手

ホンダは 「2025年までにカーボンニュートラルを目指す」ことを撤退の大きな要因として発表しました。

しかしF1を統括しているFIA(国際自動車連盟)は、以前から「F1は、2030年までに事実上のCO2排出量ゼロを目指す」と公式発表しています。同じ目標を掲げているにも関わらず撤退するということは、それが本当の要因ではなく、やはりパワーユニット開発やF1参戦に関わる多額の費用が大きな理由なのでしょう。

2015年からF1のパワーユニット開発・供給を始めて、ここまで辛酸を舐め続けてきたホンダが、ようやくチャンピオンに手が掛かるところまで来たにも関わらず、撤退……。ファンももちろん残念ですが、何よりホンダのエンジニアやチームの気持ちを考えると心が痛みます。

まさかの光明! ホンダ製エンジンは2022年もそのまま参戦することが決定!

マックス・フェルスタッペン選手と、Honda Racing F1の田辺豊治テクニカルディレクター[F1 2021 第9戦 オーストリアGP]

しかし、ここでひとつの光が生まれました。それが 「パワーユニット開発凍結」です。

レッドブルは、ホンダが去った後、しばらくどのメーカーからもパワーユニットの供給を受けず、自身で運用することを決めました。しかし、パワーユニットを開発するには多額の費用と確かな技術力が必要です。そこで訴えていたのが「パワーユニット開発凍結」。

FIAは、近年のF1はパワーユニットだけではなく、全体の運営に膨大な費用がかかることを懸念し、協議の結果、2022〜2024年はパワーユニット開発を凍結することを決めました。つまり、今年使用しているホンダ謹製のパワーユニットをほぼそのまま引き継げることになったのです!

これを受けてSNSでも、

『来年以降もレッドブルが戦えそうで良かった』

『ホンダの技術はまだ生きるのか』

という、前向きなコメントも見られました。もちろんいまだにホンダ撤退を憂うコメントの方が多いことは否めませんが……。

開発自体は撤退だが、しばらく栃木のホンダ研究所“HRD Sakura”でパワーユニットの組み立てを継続

角田 裕毅選手が乗るScuderia AlphaTauri Honda 22号車

さらに、ホンダは開発こそ撤退するものの、レッドブルの態勢が整うまで、F1のパワーユニット開発をしていたホンダの研究所「HRD Sakura」(栃木県さくら市)でパワーユニットの組み立ては行うことになりました。F1からホンダのバッジがなくなっても、これからもその技術が生き続けると思えば、少しは気持ちが救われる気がします。

『ホンダが撤退したらもうF1見ない』

という声もありますが、ホンダが参戦したことで培われた技術や経験は、F1に生き続けます。そして、日本人ドライバーである角田裕毅選手もこれからきっと活躍してくれるはず!

こんな楽しいレースを見せてくれるF1がずっと続くように、ホンダの撤退後も、いちF1ファンとして応援し続けたいですね。

[筆者:伊藤 梓(自動車ライター)/撮影:Honda]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング