1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

新型GR86、注目のカスタムコンセプトが姿を現す! 早くも後付けターボも登場! 発売前からカスタムの充実ぶりに歓迎の声【みんなの声を聞いてみた】

MōTA / 2021年7月13日 10時33分

GR86 GRパーツコンセプト

2021年4月5日(月)の日本仕様公開からおよそ2ヵ月、正式発売を前にすでに多くのカスタムコンセプトが発表されているトヨタ 新型GR86。今や貴重な存在であるスポーツカージャンルの中、発売前からクルマファン、購入検討者を盛り上げるべくトヨタのみならず、様々なチューニングメーカーの手がけたモデルが登場している。ここでは、そんな様々なカスタムコンセプトが公開された新型GR86についてSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。

トヨタ 新型GR86(欧州仕様) [photo:TOYOTA]

正式発売前から多数のカスタムコンセプトが登場!

トヨタ 新型GR86

トヨタ 新型GR86は2021年4月5日(月)、兄弟車であるスバル 新型BRZと共に内外装デザインなどが世界初公開された。

正式発売は2021年夏頃~秋にかけてとも噂される中、2021年6月6日(日)に富士スピードウェイで開催された「FUJI 86 STYLE with BRZ 2021」では、さっそく多数のカスタムコンセプトが公開された。

GR86 GRパーツカスタマイズコンセプト, GR86 GRパーツコンセプト

GR86 GRパーツカスタマイズコンセプト, GR86 GRパーツコンセプト

トヨタ自動車のモータースポーツやカスタマイズパーツ、コンプリートカーの販売などを行っているTCD(トヨタカスタマイジング&ディベロップメント)が発表したカスタムコンセプトは「GR86 GRパーツカスタマイズコンセプト」と「GR86 GRパーツコンセプト」の2台。

「GR86 GRパーツカスタマイズコンセプト」は、市販化想定モデルとして保安基準を満たし、公道走行可能な仕様のカスタマイズが行われているモデル。フロント/リアスポイラー、サイドスカートなどのエアロパーツが装着され、これらのアイテムはカスタムベースである新型GR86の正式発表と同時に発売を目指して開発されている。

一方「GR86 GRパーツコンセプト」は、公道走行は不可ながら全ての制約を取り払って性能とデザインを追求したモデル。前後エアロパーツのほか、オーバーフェンダーやド派手な大型リヤウイングを備えるコンセプトモデルだ。

各社のカスタムコンセプトを紹介

他にもHKS、キャロッセ(クスコ)、サード、トムス、トラスト、ブリッツ(50音順)といった有名チューニングメーカーが手がけたカスタムコンセプトも多数公開された。

GR86 HKS Concept

市販車用のターボチャージャーやマフラーの製造などで有名なHKSが発表したのは「GR86 HKS Concept」。

内外装の機能パーツを装着するほか、最高出力320馬力、最大トルク333Nmを発揮(目標値)するスーパーチャージャーを装着する。

CUSCO GR86 CONCEPT

チューニングパーツの開発・販売や、ラリーやドリフト競技などのモータースポーツ活動など行うクスコが発表したのは「CUSCO GR86 CONCEPT」。

新作の車高調整式サスペンションなどが装着され、ターマックラリーをコンセプトに仕上げられている。

SARD GR86 GT1

主にトヨタ系のアフターパーツを扱うメーカーであるサードが発表したのは「SARD GR86 GT1」。

低重心かつワイドに構えたデザインには、エアロダイナミクス技術などレースで培った知見がフルに取り入れられており、ドライバーの感性を刺激し、マシンとの一体感を演出するモデルとなっている。

TOM'S GR86 CONCEPT

トヨタのオフィシャルチューナーとして、モータースポーツ事業/自動車用品事業/デザイン事業を手掛けるトムスからは「TOM'S GR86 CONCEPT」が登場。

同モデルでは「機能美」と「エモーショナルさ」を追求して“大人のスポーツ”を表現。各種エアロパーツやエキゾーストシステムが装着されているほか、カローラレビン/トレノの初代モデル「TE27」のイメージカラーであるオレンジに塗られている。

GR86 CONCEPT GReddy version

自動車用アフターパーツの開発・製造および販売を手掛けるトラストからは「GR86 CONCEPT GReddy version」が登場。

注目は、同社がこれまで培ってきた技術が取り入れられたターボキットを装着しているところ。トラストでは既に現行型86でも人気のターボキットを展開しているが、新型GR 86用としても開発を進めている。

BLITZ GR86 Concept

チューニングパーツメーカーのブリッツからは「BLITZ GR86 Concept」が登場。

前後スポイラー、サイドスカート、前後オーバーフェンダーでワイド化され、GTウイングを装着する迫力満点のカスタムコンセプトだ。

車を面白くしたいという気持ちは、確かにファンに届いている

そんな多くのカスタムコンセプトが発表されたトヨタ 新型GR86について、早速SNS上ではどのような意見が飛び交っているのか確認してみた。

それぞれ特徴の違ったカスタムコンセプトながら「GT3みたいでカッコイイ」「ノーマルでも先代より魅力的に見えたが、これは迫力がさらに増して良い」など、その見た目、存在感は早くもファンの心を掴んだ様子。

そんな中「自動車メーカーが発売前からチューニング業界も視野に入れ車両を提供しているもはさすが」「車を面白くしたいという気持ちが伝わってくる」「車好きへの盛り上げ方が上手」といった、正式発売を前に既にカスタムコンセプトを展開することに関するポジティブな声も挙がっている。

トヨタが今や貴重なスポーツカーを盛り上げようとしている動きは、きちんと車ファンに届いているようだ。

「車両を買う前から妄想が膨らむ。カスタムの参考になってありがたい」「出来るだけ手の届きやすい価格を維持して、自分好みに仕上げていく楽しみを提供して欲しい」といった声も見受けられるなど、ますます目が離せないトヨタ 新型GR86。引き続き、今後の展開に注目していきたい。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング