1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

ホンダ ステップワゴンの今後の展開は!? 新型では何を期待する??【みんなの声を聞いてみた】

MōTA / 2021年7月16日 10時0分

ホンダ ステップワゴンスパーダ ハイブリッド

ホンダは2021年度中に予定している狭山工場(埼玉県狭山市)の閉鎖に併せ、同工場で生産されているオデッセイをはじめレジェンドやクラリティの生産を年内で終了すると発表した。気になるのは、同じく狭山工場で生産しているステップワゴンの今後の展開については明言されていないこと。噂では工場閉鎖に伴い新型へのモデルチェンジも囁かれている。ここではそんなステップワゴンについてSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。

ホンダ ステップワゴンスパーダ ハイブリッド

工場閉鎖に伴い、ステップワゴンがフルモデルチェンジか??

ホンダ ステップワゴンは1996年に初代モデルが登場。当時は商用車ベースで運転席下にエンジンがあるキャブオーバータイプが多かったミニバンの中、ボンネットにエンジンを収めるFFレイアウトを採用し、四角いスタイル、低床のパッケージなど、現在では当たり前となったミニバンの定番パッケージングを採用し、現行型の5代目まで常に安定した人気を誇る。

そんな中、ステップワゴンを生産している狭山工場閉鎖のニュースが流れた。既に同じく狭山工場で生産されているオデッセイをはじめ、レジェンドやクラリティは年内で生産を終了することがアナウンスされている。だが、ステップワゴンに関しては、明確な今後の展開は公表されていない。

そこで挙がっているのが、工場閉鎖のタイミングで6代目へフルモデルチェンジ、生産ラインは他の工場に移すのではないかという噂。現行型も20215年の登場から既に長い時間が経過しており、以前よりフルモデルチェンジの噂は出ていたが、今回の工場閉鎖のニュースでその信憑性は高まっている。

現行型のわくわくゲートや1.5リッターターボは継続を望む声多数

そんな6代目へのフルモデルチェンジが噂されるステップワゴンについて、新型にはどんな期待を抱いているのか早速SNS上ではどのような意見が飛び交っているのか確認してみた。

現行オーナーから高い評判の「わくわくゲート」

新型ステップワゴン登場に期待する声として、まず最も見受けられたのが現行型より採用されているわくわくゲートについての声。

「わくわくゲートは絶対に無くさないでほしい」

「実際使うとわくわくゲートは相当便利。新型でも継続希望」

「わくわくゲート以外使わないくらい便利」

「リアゲートのデザインの悪さを指摘する人いるけど、わくわくゲートを使用するとそれ以上に便利さが勝る」

「オプションでもいいので残して貰いたい」

など、主に現行オーナーからその使い勝手の良さにより新型にも継続を望む声が多く挙がっている。ただし、

「真ん中に線が入るから、やはりデザインが気になってしまう」

「便利だけどわくわくゲートのせいでテールゲートがやたらと重たい」

といった声も一部挙がっており、この辺りの改良には期待したいところだろう。

競合ミニバンより優秀な1.5リッターターボエンジン

また、わくわくゲート同様に多かった声には、

「優秀な1.5リッターターボは継続を」

「性能良く税金も安い1.5リッターターボは新型でも採用してほしい」

「競合ミニバンの2.0リッターNAより遥かによくできたエンジン。無くさないでほしい」

といった、こちらも現行型で採用されている1.5リッターターボエンジンの継続を望む声が挙がっている。

デザインは現行後期型路線を望む声

一方、デザイン面に関してはというと、

「現行型は前期モデルのフロントマスクで人気がコケてしまった。新型ではそんなことが無いよう期待したい」

「現行後期型は結構街中でも気かけるほど売れてきている。新型はまた変にデザインを変えないでほしい」

といった声が見受けられた。プレーンな印象のデザインだった現行型の前期モデルは今でも不人気の様子で、新型ではその後改良を行った現行型の後期モデルのデザインの踏襲を望む声が見受けられた。

ホンダにはフリードもあり、価格設定は気になるところ

さらに、

「当時、ステップワゴンかフリードかで迷ったが、予算が合わず後者を選択。新型ではもう少し価格設定の見直しを」「装備的には申し分ないんだけど、価格がそれ以上に感じてしまう」

といった、価格面に関する声も挙がっている。

ホンダでは、ステップワゴンの1サイズ下にも3列シートを備えたミニバン「フリード」があり、そことの競合を指摘する声が一定数見受けられた。

果たして、ステップワゴンの今後の展開はどういったものになるのか。引き続き、その動向に注目していきたい。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング