1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

スズキ スペーシア ギアの成功で軽スーパーハイトワゴンにもSUVブーム到来! 次に投入するのはホンダ、それともダイハツ!?

MōTA / 2021年9月8日 21時0分

スズキ 新型スペーシア ギア ボディカラー:アクティブイエロー ガンメタリック2トーンルーフ

軽自動車で最も売れているスーパーハイトワゴン「ホンダ N-BOX」だが、次いで2位の売れ行きを示すのが、同クラスのライバル車「スズキ スペーシア」だ。 スペーシアの特徴は、3つのバリエーションにある。ノーマルやドレスアップを加えた「カスタム」に加え、最も支持を集めているのが「スペーシア ギア」だ。ハスラーやジムニーのようなSUVテイストが、アウトドアブームの時代にもマッチした。今後ライバルメーカーも同様のテイストを盛り込んでくるかもしれない。

スズキ 新型スペーシア ギア ボディカラー:アクティブイエロー ガンメタリック2トーンルーフ

2017年末に登場した現行型スペーシア、2018年末のスペーシア ギア追加が売れ行きの底上げに大きく貢献

スズキ スペーシア ギア

現行型のスズキ スペーシアが登場したのは2017年12月だが、スペーシア ギアはそれから1年後の2018年12月に追加されている。

新型スペーシアデビュー後の2018年1月から12月までの販売台数は15万2104台。これに対しスペーシア ギア追加後の2019年1月から12月の販売台数は17万5292台。前年比128.4%の伸びを示しており、モデル追加の効果が明確にあがっていることがわかる。

残念ながらコロナ禍の2020年1月から12月におけるスペーシア販売台数は13万9851台と落ち込んでいるが、2021年上半期(1月から6月)は7万8698台で、前年対比120.5%の回復基調にある。

SUVを得意とするスズキの強みを生かした商品企画の勝利

スズキ ジムニー,スズキ ハスラー

スズキ ジムニー,スズキ ハスラー

本格派四輪駆動車のジムニー/ジムニーシエラを筆頭に、ハスラーやエスクード、クロスビーにイグニスなど、スズキにはSUVテイストのクルマが数多く存在する。スズキの強みであるこうしたSUVのノウハウをふんだんに盛り込んだことで、スペーシア ギアを違和感なく成立させた。

スズキ スペーシアカスタム,スズキ スペーシア

スズキ スペーシアカスタム,スズキ スペーシア

スズキによると、軽スーパーハイトワゴン「スペーシア」の3つのバリエーション、「ノーマル」「カスタム」「ギア」は、現在3:3:4でスペーシア ギアの人気が高いという。もしギアが追加されていなければ、軽2位のポジション維持も危うかったかもしれないと考えると、その功績はとても大きいと言えるだろう。

スペーシア ギアのヒット事例に追従するライバルメーカーは現れるか!?

軽自動車カテゴリーは、他社の動きに対して非常に敏感に反応することで知られている。

例えばスズキがSUVテイストのハスラーでヒットを飛ばせば、ダイハツもすかさず「タフト」を投入する。ダイハツがハイトワゴン系にスライドドアを追加した「ムーヴキャンバス」で支持を集めていると知るや、スズキも「ワゴンRスマイル」で対抗する、といった感じだ。

もちろん他のカテゴリーでも良くあることだが、軽の場合は特に開発スピードが特に早い傾向にあるのだ。

ホンダ N-BOX, ダイハツタント

ホンダ N-BOX, ダイハツタント

軽スーパーハイトワゴンの王者「ホンダ N-BOX」も、いつまでも横綱相撲を続けられるかどうかはわからないし、ここしばらく3位のポジションに甘んじているダイハツも、元祖軽スーパーハイトワゴンブランドである「タント」の起死回生を図りたいところである。上位争いに乗り切れない日産もまた、新興勢力「ルークス」のシェア拡大を虎視眈々と狙っているはずだ。

デリカD:5などのSUVテイストを加えた「三菱 eKクロス スペース」が現状で唯一のライバルだ

そんな中で、SUVテイストにより支持を集めたスズキ スペーシア ギアは、新たな成功事例としてマークされているのは間違いない。

したがって今後ライバル各社から、SUVテイストを加えたモデルが投入される可能性も十分にあり得る。軽スーパーハイトワゴン界の勢力図に、新たな変化が起こるかもしれない。

この先しばらくは、軽スーパーハイトワゴン界の動向に注目しておきたいところだ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:SUZUKI]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング