1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

スバル 新型WRX S4はアイサイトX搭載、新型WRX STIは待望のアイサイト採用へ! 日本発売は2022年度内か!?

MōTA / 2021年9月11日 17時30分

スバル 新型WRX 2022年モデル[北米仕様・2021年9月10日(金)発表] [Photo:SUBARU]

2021年9月10日に北米で発表されたスバル 新型WRX(ダブルアールエックス)。レヴォーグや新型レガシィ アウトバックに似たエクステリアデザインや内装となるなど、大幅に質感がアップした印象だ。そこで今回は未だ明らかにされていない新型WRXの日本仕様を徹底予想! 結論からいえばMTモデルにもアイサイトが装備される見込みだ。

スバル 新型WRX 2022年モデル[北米仕様・2021年9月10日(金)発表] [Photo:SUBARU]

新型WRXもCVTモデルとSTIがラインアップされる

スバル WRXといえば、スポーツセダンである。かつては三菱 ランサーエボリューションと世界ラリー選手権(WRC)で熾烈な戦いを繰り広げていたマシンの市販モデルである。

WRXの名前を冠するモデルは、CVTモデルのWRX S4と特別なエクステリアパーツやエンジンを搭載したMTモデルのWRX STIをラインアップしていた。となれば、新型WRXも2つのモデルを日本で発売されると予想している。

>>

新型WRX S4はレヴォーグと同じエンジン、そしてアイサイトXを標準装備化

北米モデルの新型WRXは新型レガシィ アウトバックやレヴォーグとかなり近いデザインとなる

新型WRXの北米モデルはレヴォーグや新型レガシィ アウトバックと同様に縦型ディスプレイを採用している。日本仕様はそれに加えフル液晶メーターとなるのだ。というのも日本仕様の新型WRXは新型レガシィ アウトバックと同様にアイサイトXが標準装備化されるためである。

テールランプのレヴォーグに近いデザインとなっている。ブラックの樹脂フェンダーを採用していることから、このデザインイメージでレヴォーグのクロスオーバーSUVモデルが追加される可能性もある

北米仕様は2.4リッターターボエンジンを搭載しているが、日本仕様の新型WRXはレヴォーグや新型レガシィ アウトバックと同様に1.8リッターターボとなる見込みだ。そして、このモデルこそが新型WRX S4となるのだ。言うなればレヴォーグのセダンモデルという位置付けとなるのだろう。

>>

最強モデル新型WRX STIは待望のアイサイト搭載! エンジンは2.4リッターターボへ

気になるのは最強モデルとなるWRX STIの存在だ。今のところその姿は明らかとなっていないが、確実に登場すると予想している。そして搭載されるのは2.4リッターターボエンジンで、トランスミッションはもちろんMTとなる。

北米のWRXにはMTモデルもラインアップされている。おそらく日本仕様はWRX STIのみMTを用意すると予想している

ここまでは予想の範囲内であるが、驚くべきはMTモデル初のアイサイトが搭載される点にある。これまでアイサイトを採用してきたモデルは全てATないしはCVTとなっており、新型WRX STIが初のMTモデルとなるのだ。

新型WRX S4のアイサイトXとは異なり、これまで通りのアイサイトVer.3となると予想されているが、いずれにしてもMTモデルに採用されることが素直に嬉しいニュースである。

新型WRX S4やWRX STIの日本デビューの時期は明らかとなっていないが、おそらくは2022年初頭に開催される東京オートサロンでお披露目し、発売は2022年度内となるのではないだろうか!? 一早い新型モデルの発売に期待したい。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング