1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

新型カローラクロスだけじゃない! トヨタがかつて発売していたステーションワゴンベースのクロスオーバーSUVモデル3選

MōTA / 2021年9月11日 18時30分

トヨタ 初代スプリンターカリブ

2021年9月14日に登場するトヨタ 新型カローラクロス。トヨタの超名門カローラファミリー初のSUVモデルとあって、大注目されているモデルである。だが、じつはカローラの名前こそ冠していないが、かつてカローラと非常に近い血筋のクロスオーバーモデルはいくつも存在したのだ。そこでトヨタのクロスオーバーモデルを振り返るとともに、新型カローラクロスの行く末を考えてみたい。

トヨタ 初代スプリンターカリブ

発売前から大注目の新型カローラクロス! カローラシリーズ初のSUVモデルで市場に殴り込み

まもなく登場する見込みの新型カローラクロスはすでにタイや北米で発表されているが、日本仕様は独自のデザインを採用する見込みだ

2021年9月14日(火)に発表されるカローラファミリーのSUVとなる新型カローラクロス。発売前から注目を集めており、人気車になることは確実である。

カローラファミリーのSUVは今までなかったが、クロスオーバーモデルは長続きしたものこそ少ないながら存在しており、ここではカローラファミリーのクロスオーバーを振り返っていく。

>>

40年前から存在!? スプリンターカリブはまさにクロスオーバーSUVの先駆け

スプリンターカリブはカローラファミリーがまだFR車だった1982年に、カローラファミリーとは別系統となるFFのステーションワゴンとして登場した。

というのも、トヨタは当時過渡期にFF化が他のメーカーと比べるとかなり慎重であったのだ。そのためトヨタ初のFF車はエンジン横置きではなく、スバル車に近いエンジン縦置き構造とした1978年登場の初代ターセル&コルサだった。

>>

初代カリブは4WDメインのグレード構成だった

4WDとえいばランドクルーザーなどの本格クロカンの当たり前の時代に登場。当時のライバルは同じくステーションワゴンに4WDモデルをメインとしていたスバル レオーネだ

初代ターセル&コルサは1982年に兄弟車のカローラIIを加え、エンジン縦置き構造のFF車のまま2代目モデルにフルモデルチェンジ。この構造を使ったステーションワゴンが初代スプリンターカリブである。

スバルに近いエンジン縦置き構造ということはスバル同様にFFから4WDへの発展がしやすく、初代スプリンターカリブは当時のスバル以外のモデルでは珍しい4WDを中心としたラインナップだった。さらにMT車はエクストラロー(1速よりさらに低いギア)を持ち、最低地上高も170mmとそれなりに確保されていたことを考えると、今でいうクロスオーバーといっても過言ではないだろう。

大成功となった2代目カリブも3代目モデルで廃止へ

初代モデルのデザインをキープしつつもサイドミラーを採用するなど時代に即した進化を遂げた2代目スプリンターカリブ

1988年に登場した2代目モデルは6代目カローラファミリーベースだったため、オーソドックスなエンジン横置き構造となった。それでも4WDは切り替え式のパートタイムから切り替え不要のフルタイムに進化。そして車高調整機能を備えていたのに加え、全体的なデザインの雰囲気が良かったこともあり、2代目モデルも成功を収めた。

しかし、1995年登場の3代目モデルは1.6リッターのスポーツエンジンを搭載したグレードがあった以外はごく普通のステーションワゴンとなったためパッとせず、次のヴォルツを後継車に絶版となった。

GMと共同開発のヴォルツ! トヨタエンブレムを採用しないなどかなり個性的な成り立ち

GMと共同開発となったヴォルツはもちろんGMでも発売。当時のトヨタとしては珍しくフロントにトヨタエンブレムを装着しないモデルであった

スプリンターカリブの実質的な後継車となるヴォルツは、当時アメリカカリフォルニア州にあったトヨタとGMの合弁工場となるNUMMIで生産。9代目カローラファミリーのクロスオーバーとして2002年に登場した。

ヴォルツはオーバーフェンダーにより1775mmまで拡幅された全幅や4WDモデルは180mmという最低地上高を持ち、ラゲッジスペースは汚れても掃除しやすい樹脂素材としていた点など、なかなか楽しげな雰囲気を持つモデルだった。

しかし、ヴォルツは低空飛行が続き、2002年8月から2004年3月までと販売期間が短かったせいもあるにせよ日本では累計1万台も売れず、ひっそりと姿を消した。

先代カローラフィールダーにもSUVモデルがいた!? モデリスタが作ったクロスオーバーモデル

カタログモデルではないものの、純正パーツを手がけるモデリスタが用意したのがクロスフィールダーであった

カローラフィールダーのクロスフィールダーは、3代目ヴィッツベースとなった3代目カローラファミリーに2015年10月に追加されたクロスオーバー風のバリエーションである。

モデリスタが手掛けたクロスフィールダーは、エクステリアではスキッドプレートを備えているように見える前後バンパーなどを持ち、インテリアも若干の変更が加えられているが、最低地上高などの機能的な変更はなく、現在でいえばフリードクロスターに近い存在だった。

>>

新型カローラクロスは第二のカリブとなるか!? 大ヒットに期待

冒頭に書いたように、今までカローラファミリーのクロスオーバーは長続きしたものはスプリンターカリブだけだった。

しかし、カローラクロスはSUVブームという背景に加え、クルマ自体もいい意味でトヨタらしくソツなくまとまっていそうなだけに、きっとカローラファミリーの新たな柱として順調に成長していくだろう。

【筆者:永田 恵一】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング