1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

大人気のライズとロッキーにライバルは不在! ホンダはN-BOXベースのモデルを、三菱も名車の復活で市場参入か!?

MōTA / 2021年9月27日 19時30分

トヨタ 新型ライズ

コンパクトSUV市場はいまもっとも大注目のカテゴリーだ。ホンダ 新型ヴェゼルやトヨタ ヤリスクロスがその筆頭であるが、じつはこれらのモデルよりもひとまわり小さな5ナンバーサイズのモデルも大ヒットを飛ばしている。その代表例がダイハツ ロッキーであり、そのOEMモデルのトヨタ ライズである。にもかかわらず、直接的なライバルは今のところ不在という状況だ。そこで導入して欲しいライバルモデルを考えてみよう。

トヨタ 新型ライズ

大人気のコンパクトSUV! 5ナンバーモデルは未だロッキー/ライズだけ

現在世界的にSUVが大人気を博している。これまで高級サルーンなど背の低いモデルを得意としていたロールス・ロイスだって、SUVモデルをラインアップさせているほど、なくてはならないカテゴリーとなっている。

200万円を切るモデルもラインアップしているうえ、先進安全装備も充実。それでいて車内も広いとあって大人気を誇っている

国内市場ではホンダ 新型ヴェゼルやヤリスクロスといったモデルが支持されている。3ナンバーサイズのモデルは各メーカーがこぞって投入しているが、それらモデルよりもひとまわり小さな5ナンバーサイズのモデルは、先に挙げた「ロッキー/ライズ」の独壇場となっている状況である。スズキ クロスビーも存在するが、ロッキー/ライズとは少し性格が異なるために、直接的なライバルは不在なのだった。

5ナンバーのコンパクトSUVが大人気なのだから、他のメーカーも参入して欲しいと考えているユーザーも少なくないはず。そこで今後の5ナンバーサイズSUV市場を考えてみようというワケだ。

>>

ホンダはN-B0XベースのスライドドアSUVを投入か!? 100万円台で買えるSUVモデルの追加を切望

先代フィットをベースにSUV風に仕立てたモデルがWR-Vだ。フィットクロスターと似たパッケージングながら、先代モデルがベースのため、日本市場ではより安価な価格設定となりそうだ

じつはホンダは南米を中心にフィットをベースとしたコンパクトSUVをラインアップさせている。その名もWR-Vというモデルで、先代フィットをSUVに仕立てたモデルである。日本市場には現行フィットをベースとした「フィットクロスター」をラインアップしているが、先進安全装備を中心に充実な装備内容となっているために価格は193万8200円〜となっている。

対してロッキーは170万5000円〜となっているために、価格帯としては少し異なるのだ。

そのため、ホンダは国内市場にW-RVなどより安価な5ナンバーSUVを投入して欲しいところだ。

>>

今こそN-BOXのノウハウを活かしたSUVモデルを!

あるいは大人気の軽自動車「N-BOX」のノウハウを投入したスライドドアを持つコンパクトSUVなど、ホンダらしさ全開のモデルという一手も大いにアリだ。もし実現するならば、片手でも操作できるチルトアップ機構など手軽なシートアレンジを採用するなど、見た目だけでなく使い勝手も重視したモデルならば、大ヒットとなりそうだ。

>>

東南アジアで大ヒットのエクスパンダー導入を希望! SUVの三菱も5ナンバーサイズモデルを拡充!?

5ナンバーサイズではないが、全幅は1750mmに留まっている。それでいて3列シートを備えているとあって、日本でも人気となりそうだ

SUVといえば三菱! というユーザーも少なくないはず。現状のラインアップとしてはRVRがもっとも安価なモデルであるが、サイズは3ナンバー。そしてデビューが2010年とかなり古いために、直接な的なライバルとはなりえない状況である。

そこでかつてラインアップさせていたパジェロジュニアの復活。あるいは、東南アジアで人気を博しているクロスオーバーモデル「エクスパンダー」を投入させ、国内のコンパクトSUV市場に殴り込みをかけて欲しいところだ。

>>

安価でコンパクトなSUVは拡充される!?

今回は大ヒットとなっているロッキーとライズが属する5ナンバーサイズSUV市場の今後を考えてみた。現状、ライバル車の登場は未だアナウンスがない状況ではあるが、せっかく人気のカテゴリーなのだから、ライバルモデルの登場を待っているユーザーも少なくないはず。だからこそ、今後出現するであろうライバルモデル、そして5ナンバーSUV市場に注目だ!

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング