1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

新型スバル WRX S4の純正アクセサリーパーツに注目! STIが力を入れるパーツはデザインだけでなく機能面にも優れていた

MōTA / 2021年11月26日 11時0分

スバル新型WRX S4 GT-H

2021年11月25日(木)に登場した新型スバル WRX S4は、先代モデルと比べてエクステリアデザイン、エンジン、新グレードの設定など大きな変更がなされた。だが、変化はそれだけではない。新型WRX S4にはドレスアップアイテムが多数用意されている。 スポーツセダンとしての個性や性能をさらに高める目的で設定されるSTIならではのこだわりのパーツを紹介しよう。

スバル新型WRX S4 STI Sport R EX

WRX S4はデザイン面でも大きな進化を遂げている

新型WRX S4は、2017年の東京モーターショーで発表したコンセプトカー「VIZIV」のデザインの市販化を目指し、今にも走り出しそうな大胆な前傾軸やスバル特有のグリルデザイン「ヘキサゴングリル」から始まる塊感、内圧で張り出したフェンダーなど、「一目で走りへの期待を駆り立て、あらゆるシーンでパフォーマンスを感じられるデザイン」となっている。また、走りへのイメージをさらに高める新グレード「STIスポーツR」が設定された。

WRX S4に新たに設定されたSTIスポーツRグレード

そんなWRX S4にはさらに印象を変化させるアクセサリーパーツも多く用意されている。パッケージとしては2種類を設定。ひとつは大胆でアグレッシブな新型WRX S4のスタイリングを繊細にまとめあげるドレスアップアイテム類「TRAD CUSTOM」、もうひとつは進化したSTIエアロパッケージとして提供する「STI PERFORMANCE」だ。

より走りへのイメージを高めるドレスアップアイテムを設定!

まずは「TRAD CUSTOM」の中身から紹介しよう。

フロントから見ていこう。グリルは精緻な正六角形のハニカムメッシュをクリスタルブラックで塗装され、遠目からはブラックアウトされているように見える絶妙なデザインを施している。

正六角形のハニカムメッシュが通常のグレードとは異なる顔つきに仕上げる

さらにフロント左右下部にはワイドな横長のハニカムメッシュに6連LEDライトを配置したLEDアクセサリーライナーも用意。フロントフェイスのドレスアップ効果だけでなく、空力テクスチャーの効果に影響がない範囲でのクリスタルブラック塗装も施し、フロント全体の統一感も高めている。

6連のLEDライトは空力性能を犠牲にせずおしゃれに見せるアイテムだ

ボディ下部のパーツは空力性能も考えた新デザイン

ほかにもフロントバンパースカート、サイドストレーキ、エアロスプラッシュといったボディ下部に設定される機能パーツも用意した。フロントとリヤにはホイール前後のショートな空力テクスチャーのエアロで挟んだ新デザインとし、タイヤトレッドを覆うことで泥除け効果も高めている。

ボディをワイドに見せる機能パーツも用意

ダックテール風のトランクスポイラーが特徴的!

さらには特徴的なトランクスポイラーも設定。ハイマウントストップランプの視認性を考慮し、中央部を凹ませたダックテール風トランクスポイラーだ。

車両全体とのボリュームバランスを図り、他にはないデザインに仕上がっている。周辺部品や他のアクセサリーパーツとコーディネートしたクリスタルブラック塗装を施した。

ブレーキランプの視認性を妨げないよう独特の形状となっている

リヤバンパースポイラーはバンパー下部にデュフューザー形状を追加したドレスアップアイテムで、他の用品とのコーディネートを図ったクリスタルブラック塗装とマフラー周りを引き締めるマットシルバー塗装の2色を展開する。

アルミホイールは純正とは全く異なる専用デザインで個性を主張

アルミホイールはWRX S4専用デザインの切削光輝ホイールとし、標準ホイールとの変化を持たせ、鮮烈で直線的な造形だ。

アフターで用意するアルミホイール, 標準ホイール

アフターで用意するアルミホイール, 標準ホイール

車内にはサイドシルプレートを用意。ステンレス製のプレートでフロントドアの開閉に連動してロゴがLED点灯するおしゃれなアイテムとなっている。

プレートはドアの開閉によってロゴが点灯する

レース参戦経験をもとに開発された機能的に優れたパーツも用意!

もう一つ設定されているのが「STIエアロパッケージ」だ。

フロント、サイド、リヤサイド、リヤの4箇所にアンダースポイラーを装備。フロントアンダースポイラーは積極的に床下に風を導入する形状で、床下に流れる空気を整える効果がある。また、車両上下の空気の流れをコントロールし、ダウンフォースを最適化。前輪にかかる空気抵抗を低減する。

空気抵抗を抑制する機能的なデザインだ

サイドアンダースポイラーはフロントとリヤとのつながりを持たせるデザインだ。後輪と車両後方で発生する乱流を抑制し、コーナリング中のふらつき感の低減、走行時の操縦安定性を向上させる。

サイドアンダースポイラーもTRAD CUSTOMとは異なるデザインになっている

リヤ周りのパーツもコーナリングのふらつきを抑制し、安定感のある走りに貢献

リヤサイドアンダースポイラーはパーツ自体は小さいものだが、リヤバンパー側面後方の乱流を抑制。走行中のクルマの動きを不安定にする渦を車両から遠ざけ、サイドアンダースポイラーと同様コーナリング中のふらつき感、走行時の操縦安定性を高める。

リヤアンダーデュフューザーはニュルブルクリンク24時間耐久レース(NBR)車両のディフューザー形状とコンセプトをフィードバックしたものだ。床下後方の空気の流れを整えるだけでなく、ステアリングを切り始めた時の車両のレスポンスも向上している。

さらに、STIからはステンレス製のエキゾーストフィニッシャーも用意。パッケージとは別売りだが、高性能を表現するリヤバンパーのドレスアップアイテムとして設定する。

ニュルブルクリンク24時間耐久レースなどの知見を生かしたデザイン

これらのパーツはSTIのコーポレートカラーのチェリーレッドとクリスタルブラックシリカの2色を設定しており、インパクトのあるスタイルに仕上げることができる。

機能性の高さはもちろん、自己表現や愛車のイメージを高めるのにも効果的だ

WRX らしいアグレッシブな走りをイメージをさらに高めるアクセサリーパーツ。

クルマが自己表現のひとつとして大きな役割を果たす中で、機能面はもちろんのこと「自分らしさ」や「走りへのイメージ」をさらに強調する装備として、こうしたパーツは大きな効果を発揮するに違いない。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください