ストイックさはマクラーレン・セナに近い! マクラーレン600LTはもはやサーキット専用車?

MotorFan / 2018年7月30日 10時30分

ストイックさはマクラーレン・セナに近い! マクラーレン600LTはもはやサーキット専用車?

注目のスーパースポーツを矢継ぎ早に発表するマクラーレンから、新たなラインナップとして発表されたのは中核のスポーツシリーズでハイエンドとなる600LTだ。その仕上げはもはやサーキット専用にしてもいいレベルだ。


 スーパースポーツカーメーカーのマクラーレンから最新スポーツシリーズ、600LTが発表された。スーパーシリーズの675LTにも採用された、車名の“LT”とはロングテールのことでマクラーレンにとって伝説的なモデル、F1 GTRにも由来する高性能グレードに冠せられる名称である。


 600LTのキャラクターはひと言で言って“サーキット志向”。最新アルティメットシリーズとして登場したセナと同様に、エンジンの高出力化や軽量化、エアロダイナミクスの先鋭化、サーキット向けのハイグリップタイヤ装着など速さを求める姿勢は徹底している。


 エンジンは全スポーツシリーズに共通する3.8ℓV8だが、最高出力と最大トルクは570Sの570psと600Nmからさらに上乗せされ、600psと620Nmに達した。


 だが、何よりこの600LTのキャラクターを決定づけているのは、新フロント・スプリッターや大型リアスポイラーなどのエアロダイナミクスである。スポーツシリーズだから、スーパーシリーズのようなアクティブリアウイングではなく固定式となるが、ダウンフォースの強化によるコーナリング性能の向上は間違いない。

 さらにリアディフューザーの形状を高効率化できたのはテールエンドパイプを、セナと同様に上方排気としたことだ。これはもちろんエアロダイナミクスに有利だが、パイプ長を低減することで約13kgもの軽量化にも貢献した。なお、このエンドパイプの形状を実現するために、テールエンドは74mm延長されていることが、車名のLTの由来になっていることは言うまでもない。


 軽量化は徹底している。もともと全車、軽量なカーボンモノコックを採用するマクラーレンだが、この600LTでも同様だ。さらにボディパネルのアルミをCFRP製に置き換え、ダブルウイッシュボーン、アップライト、アンチロールバーを専用品に替え、エアコンやオーディオなどの快適装備を省き、薄板ガラスを採用するなど涙ぐましい努力の甲斐あって、合計して82.5kgも軽量化できたという。なおエアコンのレスオプションは現時点で1台のみという。


 軽量化はもちろん室内にもおよび、セナ用に開発された超軽量カーボンシートも選択可能だし、これもセナ同様のカーボン製フロントフェンダーもオプションで選べる。これらの軽量化パッケージを装着すると、乾燥重量で1247kgと驚異的である。ちなみにタイヤはセナと同様のピレリ・トロフェオRを採用しており、サーキット走行性能の高さをかさ上げしている。

 600LTの生産は2018年10月から1年間のみ。生産台数はその期間どれだけ生産できるかにかかっている。価格は2999万9000円となっている。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング