幕張メッセに「赤いファミリア」を見に行こう!

MotorFan / 2018年7月5日 13時25分

幕張メッセに「赤いファミリア」を見に行こう!

8月3日(金)〜5日(日)に幕張メッセにて開催される「AUTOMOBILE COUNCIL2018」でのマツダブースの出展内容を発表。 ファミリア以降のコンパクトハッチのエポックメイキングなヘリテイジモデルを展示予定!

 マツダの「ファミリア」に始まり「アクセラ」に続くコンパクトハッチは、常にその時代のマツダの思想を反映し、最新の技術を投入してきたマツダの中核車種。
 今回の出展テーマは「MAZDA COMPACT HATCHBACK STORY」とされ、そんなコンパクトハッチの歴史的モデルを展示する。出展予定車としては、当時の若者に圧倒的な人気を博し「陸サーファー御用達」とも言われ一斉を風靡した赤いXGこと、五代目「ファミリア」、WRCで活躍し、ラリー・モンテカルロに出場した「323 4WD」ラリーカーのほか、昨年公開したばかりの「マツダ魁CONCEPT(マツダ カイ コンセプト)」など。それぞれのクルマに込めたマツダの想いや搭載された革新的な技術を、マツダ社員が自ら説明員として来場者に直接紹介するという。
 さらに「ファミリア」から「アクセラ」にかけてのデザインを手掛けてきた、初代アクセラチーフデザイナーの鈴木英樹氏と初代アクセラのデザインにも携わった「マツダ魁CONCEPT」チーフデザイナーの土田康剛氏による、コンパクトハッチ師弟デザイナーのスペシャルトークショーも実施予定だ。

マツダ魁CONCEPT :2017年発表の次世代商品コンセプトモデル。SKYACTIV-Xなどの最新技術と深化した魂動デザインを採用。
マツダ 323 4WDラリーカー(ファミリア六代目):1989年式。フルタイム4WDを採用。フィンランドの女性ラリードライバーMinna Silankorva(ミーナ・シランコーヴァ)氏所有の車両を特別展示。 ※	写真は1987年のイメージ写真。実際の展示車とは異なります。
マツダ ランティス:1993年発売。2.0ℓのV6エンジンと、個性的なエクステリアが特徴のスポーティコンパクト。 ※写真はイメージで、実際の展示車とは異なります。
マツダ マツダスピードアクセラ:2006年発売。初代アクセラに直噴ターボを搭載したハイパフォーマンスモデル。 ※写真はイメージで、実際の展示車とは異なります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング