SUBARU WRX STI用の新型テールランプが登場!その名も隼!(HAYABUSA)

MotorFan / 2018年7月24日 17時35分

SUBARU WRX STI用の新型テールランプが登場!その名も隼!(HAYABUSA)

SUBARU WRX STIも熟成を重ね、限定車の発売で熱気を帯びているなか、カスタマイズでも新たなパーツが続々発売されている。スバル車のパーツを長年発売をしている老舗のリベラルより、WRX STI用のテールランプが発売となった。

 昨年のS208の完売に続き、S208のパワーユニットを引き継ぎながら、徹底的な軽量化を図り、戦うWRX STIとなった『TYPE RA-R』も発売当日に完売するなど、その勢いは留まるところを知らないスバルWRX STI。

 WRX STIユーザーのなかには、ハードにチューニングを進めているユーザーも多いと思うが、エクステリアパーツで他のユーザーとの差別化を図りたいと思っているユーザーも多いはず。

 新発売となったテールランプは隼(HAYABUSA)と名付けられ、純正テールとは一味違うフェイスとなっている。スバルのアイデンティティとなる、コの字型に光るモチーフは継承しながら、テールランプの中には流行りのシーケンシャルタイプのウインカーが収まる。もちろん、通常のフラッシュタイプのウインカーとの切り替えも可能、Eマーク認証で車検の問題もクリアになっている。外装もレッドタイプとブラックタイプの2種類を用意し、ボディカラーとのマッチングも考慮されている。気になる価格は63,000円(税抜き)となっている。

シーケンシャルウインカーの様子は、リベラルのホームページで確認できるのでチェック。
http://liberal-aero.com/index.html

リアスタイル全景。右がレッドタイプで、左がブラックタイプ
ブラックタイプの全消灯スタイル
レッドタイプの全消灯スタイル
ブラックタイプのブレーキランプ点灯
レッドタイプのブレーキランプ点灯
ブラックタイプのテールランプ点灯
レッドタイプのブレーキランプ点灯
ブラックタイプのウインカー点灯(テールランプ消灯)
レッドタイプのウインカー点灯(テールランプ点灯)
ブラックタイプのバックランプ点灯(ブレーキランプ点灯)
レッドタイプのバックランプ点灯(ブレーキランプ消灯)

純正テールランプには無い光り方と、他のユーザーとの差を付けられるパーツだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング