機能充実のスタンダードモデルが進化! ストラーダ CN-RA05WD/CN-RA05D/CN-RE05WD/CN-RE05D 【CAR MONO図鑑】

MotorFan / 2018年8月29日 14時40分

機能充実のスタンダードモデルが進化! ストラーダ CN-RA05WD/CN-RA05D/CN-RE05WD/CN-RE05D 【CAR MONO図鑑】

パナソニックのAV一体型ナビ・ストラーダのスタンダードモデルとなるRAシリーズ、REシリーズがモデルチェンジ。上級機譲りの機能を新搭載し、コストパフォーマンスを一段と高めている。 REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)

ストラーダ CN-RA05WD……オープン価格

洗練されたイメージの200mmワイドサイズボディには大型の操作キーを備え、優れたコントロール性を実現。最長3年の無料地図更新にも対応している。

ストラーダ CN-RA05D……オープン価格

2DINサイズボディで多くの車種に装着が可能。7型ディスプレイの下部に操作キーが並ぶシンプルなデザインとなる。最長3年の無料地図更新にも対応。

ストラーダ CN-RE05WD……オープン価格

200mmワイドサイズボディでトヨタ車、日産車、ダイハツ車、一部のスバル車にフィット。実勢価格で8万円前後と手が届きやすい価格を実現。

ストラーダ CN-RE05D……オープン価格

実勢価格で8万円前後というコストパフォーマンスを追求した2DINサイズ機。汎用サイズのためさまざまな車種に装着が可能だ。

ゾーン30対応や逆走検知で安全性をアップ

生活道路や学校周辺に設定されたゾーン30のエリアを表示。制限速度を超過すると画面内に注意を促すアイコンが表示される。

高速道路の逆走事故を未然に防ぐ効果が期待できる逆走検知警告を新搭載。画面表示だけでなく音声によるアナウンスも行う。

オプションのETC2.0車載器・CY-ET2500VD接続すれば、信号情報活用運転支援システムが利用できる。直近の信号の状況をアイコンで示している。

 ストラーダのスタンダードモデルとなる「RAシリーズ」と「REシリーズ」がモデルチェンジし、10月上旬より発売される。ラインアップはRAシリーズが200mmワイドサイズボディの「CN-RA05WD」と、2DINサイズボディの「CN-RA05D」、REシリーズが200mmワイドサイズボディの「CN-RE05WD」と、2DINサイズボディの「CN-RE05D」となる。この4モデルの機能はすべて共通だがRAシリーズについては最長3年の無料地図更新に対応しており、つねに最新の地図データでドライブができる。REシリーズに比べて実勢価格で1万円前後高価となる。
 先代モデルから大きく進化したのは「安全・安心運転サポート」機能の搭載で、これは上級となるFシリーズ、RXシリーズと共通。学校周辺や住居地区など生活道路に設定されたゾーン30(生活道路区域内で最高速度を30km/hに制限)エリアを地図上に色塗りで表示し、低速度走行を促す。制限速度を超過している場合は地図上にアイコンを表示するとともに音声による警告も行う。また、高速道路のSA/PAからの発進時や実際の逆走を検知した際も、地図上のアイコンと音声によって警告。運転に不慣れなドライバーや高齢者には頼りになる機能といえるだろう。
 そしてオプション設定されているETC2.0車載器「CY-ET2000VD」を接続すると「信号情報活用運転支援システム」の利用も可能。直近の信号を青信号で通過できることを知らせたり、赤信号に合わせて減速を促すことも。さらには赤信号から青信号に切り替わるまでの時間も知らせる。

正確な自車位置表示で都市部の走行も安心

内蔵センサーによって計測した情報と、地図に収録された標高情報を組み合わせることで正確な自車位置表示を実現。複雑な都市部の走行も安心だ。

 本年11月から稼働予定の2機を加えた計3機の準天頂衛星「みちびき」に対応。電波受信可能時間が従来の8時間から24時間に拡大したことでビル街や山間部での測位性能が飛躍的に向上する。さらに高速道路の入口などと付近を並走している一般道の高低差を地図に収録された標高情報とマッチングさせる新アルゴリズムを採用し、自車位置の表示精度をより高めている。

役立つ機能が数多くそろっている

VICS WIDEの受信に対応し、最新の交通情報を考慮した渋滞回避ルート探索が行える。ルート案内中にも2画面表示で新ルートを提案する。

 オプションを接続することなく詳細な渋滞情報を取得できるVICS WIDEに対応し、渋滞回避ルート探索が可能。しかもルート案内中に交通状況が変化すると自動的に再探索をして、より効率のよいルートが見つかれば2画面表示によるルート変更の提案を行う。
 エンタメ面ではスマホに収録した音楽を無線で楽しめるBluetoothオーディオを搭載し、CDからSDメモリーカードへの8倍速録音なども可能。クラスを超えた高機能を備えている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング