けっこう多い! 新車で買える後輪駆動車「新型スープラ、ロードスター、クラウン、ハイエース……」〈FR & MR / 国産車編〉

MotorFan / 2019年1月6日 9時30分

けっこう多い! 新車で買える後輪駆動車「新型スープラ、ロードスター、クラウン、ハイエース……」〈FR & MR / 国産車編〉

前輪が駆動を担わず、ナチュラルなハンドリングが楽しめる後輪駆動モデル。トラクション性能もFFより有利だ。しかしいまや量産車のほとんどが前輪駆動となり、後輪駆動は一部のスポーツカーやプレミアムモデルでしか選べない。……と決めつけているアナタ! よくよく調べてみると、これがけっこうあるのだ。ひとまず、日本車のなかからFR(フロントエンジン・リヤホイールドライブ)もしくはMR(ミッドシップエンジン・リヤホイールドライブ)を探してみよう。

新型トヨタ・スープラ


トヨタ・センチュリー


トヨタ・クラウン


トヨタ・マークX


トヨタ 86 / スバル BRZ


トヨタ・ハイエース


レクサス LS


レクサス LC


レクサス GS


レクサス RC


レクサス IS


日産フーガ


日産シーマ


日産フェアレディZ


日産スカイライン


日産NV350キャラバン


ホンダ NSX


ホンダ S660


マツダ・ロードスター


スズキ・エブリィ / 日産NV100クリッパー / 三菱タウンボックス / マツダ・スクラム


ダイハツ・アトレー / トヨタ・ピクシス / スバル・ディアス


ダイハツ・ハイゼット / スバル・サンバー


光岡ロックスター

光岡ヒミコ

 以上、いま新車で買える国産の後輪駆動車は全部で31車種だった(スープラのデビューまではもう少しお待ちを!)。メーカー別ではトヨタが7車種(OEM供給を受ける1車種を含む)で、レクサスの5車種を合わせて12車種と、圧倒的なトップとなった。

 いずれにせよ、意外と多いという感想を抱いた人がほとんどではないだろうか? 今回は海外勢を入れていないが、ルノー・トゥインゴやスマートのように、少数ながら安価な後輪駆動車が日本へも輸入されている。ケータハム・スーパーセブンやモーガンのような昔ながらのピュアスポーツカーも新車で購入できる。そう考えると、けっこう選択肢は多いと言えそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング