やはりウルス効果! ランボルギーニの業績が過去最高を記録!

MotorFan / 2019年3月19日 23時30分

やはりウルス効果! ランボルギーニの業績が過去最高を記録!

2018年のランボルギーニ販売台数が5750台となり、2017年対比で51%の大幅な伸びとなり、過去最高を記録した。スーパーSUV、ウルスの登場が数字を押し上げた形だ。

 ランボルギーニの販売台数が大幅に伸びている。2018年のデリバリー台数は5750台で、これは2017年の3815台に比べると+51%という大幅な増加だ。もちろんこれは新たにラインナップに加わったSUV、ウルスの存在が大きいのだが、ウルスの登場によってアヴェンタドールSやウラカンの台数も伸びているのだという。

ステファノ・ドメニカリCEO

 ランボルギーニCEOのステファノ・ドメニカリ氏は
「2018年はビジネスのあらゆる面で歴史的な高水準を記録しました。5000台を超えるクルマをお客様にお届けしたのは、我々の歴史の中でも初めてのことです。同時に我々はこの先の新たな記録のために、さらなる成長と革新への挑戦の準備を進めています」
とコメント。

イタリア・サンタアガタのランボルギーニ本社

 ランボルギーニでは従業員の数も2017年より10%増えて1750人となった。これは5年前と比べると70%もの増加であり、同社がここ数年で急速に拡大していることがよくわかる。

 ウルスのデリバリーは2018年の中盤からだったので、2019年はさらなる台数のアップが見込まれる。ランボルギーニはウルスの発表時にいずれは販売台数を倍にする、と公言していたが、その実現は意外と早く訪れるかもしれない。



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング