車内で家電が使いたい! 豊田自動織機、自動車用ACインバーターの累計生産が3000万台を突破

MotorFan / 2019年6月21日 11時40分

車内で家電が使いたい! 豊田自動織機、自動車用ACインバーターの累計生産が3000万台を突破

豊田自動織機は6月19日、自動車用ACインバーターの生産が累計3000万台に達したと発表した。

ACインバーターからの電力を利用してスマートフォンを充電

 自動車用ACインバーターは、車載バッテリーの直流電圧を、家庭用交流電圧に変換し、自動車からの電源で家電製品の使用を可能にする車載電源部品である。1990年代後半のRV車ブームや携帯電話・パソコンの普及を背景に、車内で家電製品を使いたいというニーズが高まり、豊田自動織機が世界で初めて開発し、1995年に生産を開始した。現在、出力電力60W~1500Wのラインアップを取り揃え、世界中のお客さまに供給しており、ここ数年は、特に北米市場での需要にけん引され、生産台数を右肩上がりに伸ばしてまいりました。

 近年では、大容量バッテリーを搭載するHV、PHV、EVなど電動車の普及が拡大し、エンジン車には搭載できなかった、1500Wの高出力タイプを製品ラインアップに加え、その需要も増加している。車内外で消費電力の大きな給湯器や暖房器具も使用可能となるため、国内では災害発生時の非常用電源としても注目されている。また、同社は現在、ACインバーターを搭載した自動車を複数台連結し、より高い出力電力を可能にする製品の開発にも取り組んでいる。これにより、大規模避難所における電力の安定供給を実現できる見込みで、今後、自治体と連携した本格的な実証実験も予定しているという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング