ロータス・エリーゼに30台の限定モデル「ヘリテージエディション」が登場。ボディストライプとインテリアレザーの組み合わせを3タイプ設定

MotorFan / 2019年7月21日 9時0分

ロータス・エリーゼに30台の限定モデル「ヘリテージエディション」が登場。ボディストライプとインテリアレザーの組み合わせを3タイプ設定

7月19日、ロータス・カーズの日本正規輸入総代理店であるエルシーアイは、「エリーゼ・ヘリテージエディション」の受注を開始した。発売台数は限定30台で消費税込みの車両価格は775万1700円。カスタマーへのデリバリーは8月からを予定している。

通常のラインナップでは設定のないカラーリングが特徴。デタッチャブルハードトップを標準装備

 エリーゼ・ヘリテージエディションは、「エリーゼ・スポーツ220Ⅱ」がベース。このモデルは、220psと250Nmを発揮する1.8L直列4気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、車重904kgを実現する究極のライトウエイトスポーツで、ヘリテージをコンセプトとした日本特別限定車だ。


 ボディカラーは通常のラインナップでは選択できない「オールドイングリッシュホワイト」に、ヘリテージレッド/ヘリテージグリーン/ヘリテージブルーの3タイプのストライプペイントを設定。ブラックペイントの12スポーク鍛造アルミホイール(フロント16インチ、リヤ17インチ)や、ディーラーオプション扱いのデタッチャブルハードトップが標準採用されている。

ボディカラーは通常ラインナップに設定のない「オールドイングリッシュホワイト」
ブラック塗装の12スポーク鍛造アルミホイールを装着

 インテリアでも、通常ラインナップでは選択不可能なボディ同色オールドイングリッシュホワイトのインテリアパックに加えて、3タイプのボディストライプに合わせた特別なインテリアレザー(ベノムレッド/アロエグリーン/ノットブルー)を採用。そのほか、フロアマットやクラリオン製オーディオを標準装備し、魅力的な一台に仕上げられている。

ボディストライプに合わせてインテリアレザーもカラーコディネイトされている
ヘリテージグリーン・ストライプのボディにはアロエグリーンのレザー内装を組み合わせる
ヘリテージレッド・ストライプのボディにはベノムレッドのレザー内装を組み合わせる
ヘリテージブルー・ストライプのボディにはノットブルーのレザー内装を組み合わせる

 発売台数は、3タイプあるストライプペイントそれぞれ10台、合計30台の限定だ。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング