BMW M8のオープンモデル「M8カブリオレ」が日本導入!

MotorFan / 2019年7月24日 19時15分

BMW M8のオープンモデル「M8カブリオレ」が日本導入!

7月24日、ビー・エム・ダブリューは新型8シリーズの高性能モデルであるM8に設定されたオープンモデル「BMW M8カブリオレ」の日本導入を発表し、同日より発売した。税込車両価格は「M8カブリオレ」が2338万円、「M8カブリオレ・コンペティション」が2541万円で、納車は12月以降を予定している。

M8ならではのハイパフォーマンスをオプンエアで楽しめる

 M8カブリオレは、本格的なサーキット走行を可能としながら、公道走行も可能とした新型M8のオープンバージョン。高品質なファブリックを採用した多層式ソフトトップを装備。車速50km/h以下であれば、走行中でもトップの開閉が可能。ソフトトップの開閉時間は15秒だ。なお、トップの開閉に関わらずトランク容量は350L確保されている。




 搭載されるパワートレインはクーペと同様に、600psと750Nmを発揮する4.4LV型8気筒ツインターボと、8速AT(ティプトロニック)の組み合わせ。走行モードはM8クーペと同様に「Mモード」を設定。専用ボタンで起動できるMモードでは、メーターパネルやヘッドアップディスプレイの表示方法や、運転支援システムの介入レベルを「ロード」または「スポーツ」のいずれかに変更することが可能になった。


 基本設定となる「ロード」ではすべての運転支援システムが有効になり、「スポーツ」では任意に設定した情報に基づいて、前車接近警および衝突回避・被害軽減ブレーキを除くすべてのブレーキやステアリングシステムへの介入を無効とすることが可能だ。


 基本設定となる「ロード」ではすべての運転支援システムが有効になり、「スポーツ」では任意に設定した情報に基づいて、前車接近警および衝突回避・被害軽減ブレーキを除くすべてのブレーキやステアリングシステムへの介入を無効とすることが可能だ。


 駆動方式は、BMW M社が開発したインテリジェント四輪駆動システム「BMW M xDrive」によって全輪を駆動する。M xDriveは、後輪駆動を重視した設計となっており、リヤアクスルに優先的に駆動力を配分し、車両が安定性を保つために必要なタイミングを見極めてフロントアクスルに駆動力を供給する。

 ドライバーは必要に応じて前後アクスルの駆動力配分を設定可能で、初期設定の「4WD」モード、ほぼ後輪駆動に近い「4WDスポーツ」モード、そしてDSCをオフにした完全な後輪駆動走行となる「2WD」モードが用意されている。


 より高性能な「M8カブリオレ・コンペティション」は最高出力が625psにまで高められ、0-100km/h加速を3.3秒(欧州仕様値)でこなす加速性能が与えられたほか、ハイグロスブラックのキドニーグリルやバッジ、ドアミラーカバー、リヤスポイラーが装着され、よりアグレッシブなデザインが採用されている。


 「M8カブリオレ・コンペティション」ではさらに、新型M8で初めて採用された走行モード「Mモード」に、通常の「ロード」や「スポーツ」に加えて、運転支援システムと快適性と安全性に関するすべての機能が無効になる「トラック」モードが装備されている。



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング