ヒーロー気分で大興奮!「マーベルエクスペリエンス」でヒーロー訓練を受けてみた!【その2】

Movie Walker / 2018年2月15日 10時0分

アイアンマンスーツの胸像型Bluetoothスピーカーなど、物欲を刺激されまくる「マーベルエクスペリエンス釜山」のショップゾーン

マーベル・コミックに登場する組織「S.H.I.E.L.D.(シールド)」の一員となり、メンバーとしての訓練を受けられるという夢のような施設「マーベルエクスペリエンス釜山」への潜入レポート。【その1】に続く本記事では、S.H.I.E.L.D.のエージェントになるべく実際に訓練に挑んだ様子をお届け!

■ S.H.I.E.L.D.長官から直々に司令が

入場後に通されるゾーン2のモバイルコマンドセンターでは、壁に映像が流れ、S.H.I.E.L.D.長官のニック・フューリーが登場。ここで彼から、レッド・スカルやマダム・ヒドラ(バイパー)といったヴィランを捕らえる司令を与えられる。このゾーンにはキャプテン・アメリカのシールドやソーのムジョルニア、ロキの杖といったアイテムも陳列されており、間近で見ることができる。

■ いよいよS.H.I.E.L.D.のトレーニング!

次のゾーン3では、いよいよS.H.I.E.L.D.の一員になるべく実戦トレーニングを受けることになる。40m×17mの巨大なドーム型のトレーニングセンターに入ると、中心にあるセントラルタワーの周囲にずらりとアトラクションが並んでおり、壮観だ。

アイアンマン「フライトトレーニング」は、アイアンマンになりきって空を飛んでいくゲーム。体を左右にひねって岩場を飛びながら、敵をリパルサー・レイで撃ち落とすというもの。スパイダーマン「クライミングウォール」はいわゆるボルダリング。下にあるボタンを押してから突起物などをつかんで壁を登り、上にあるボタンを早く押すまでのタイムを競うゲームになっている。

ほかには、ハルクになりきって敵をパンチで蹴散らしていく「パンチアウト」や、ブラックパンサーになりきってビルからビルへ飛び移っていく「ハイジャンプ」、キャップとソーの指導で射撃訓練を行うスターク・インダストリーズ「3Dシューティング・シミュレーター」などがあり、プレイする順番は自由だ。

■ 飛べ!撃て!殴れ!ぶら下がれ!

どのアトラクションも、各ヒーローたちの特徴的な得意技を“学ぶ”ことができる仕様になっているだけでなく、獲得したスコアがランキング形式で発表されるようになっている。ハイスコアを目指して老若男女問わず、誰もが大はしゃぎしながらプレイに熱中していたのが印象的。

アトラクションの中で一番人気だったのは、ブラック・ウィドウの「レーザーメイズ」。スパイ映画でよくあるような、赤いレーザー状のセンサーに触れないようすり抜けながら進み、奥のパネルにタッチするというものだ。韓国で人気のバラエティ番組「Running Man」で取り上げられたことで爆発的に話題になったそう。この日も長い行列ができていた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Movie Walker

トピックスRSS

ランキング