星宮いちごの集大成!『劇場版アイカツ!』で声優・諸星すみれが寿美菜子に感謝の言葉

Movie Walker / 2014年11月30日 16時31分

『劇場版アイカツ!』完成披露試写会が開催!

『劇場版アイカツ!』(12月13日公開)の完成披露試写会が11月30日にユナイテッド・シネマ豊洲で開催され、ボイスキャストの諸星すみれ、田所あずさ、下地紫野、三村ゆうな、保村真、木村隆一総監督が登壇。主人公・星宮いちご役の諸星が、「ずっと映画にならないかと楽しみにしていた。びっくり嬉しかったです!」と映画化の喜びをキュートな笑顔で語った。

「アイカツ!」は“アイドル”と“ファッション”をテーマにしたデジタルキッズカードゲーム。本作は、同ゲームの世界観を基にしたテレビアニメの初の劇場版だ。木村総監督は「いちごの集大成にしたい」との思いで映画に臨んだとのこと。「いちごが、のぼり詰める話をやりたかった。アイドルたちの成長した姿が見られる映画を作りたかった」と思いを明かした。

主人公の星宮いちごの声を演じる諸星は、現在15歳。「アニメが始まったときは、まだ中学一年生だった。今は中学三年生になった」と口火を切り、「初めてのアニメのレギュラーで、ドキドキしていた。たくさんの人に支えていただいて、ここまで頑張ってこれました」とニッコリ。さらには「寿美菜子さんにもいつも優しくしていただいて、今度は私が先輩になるので、後輩のあかりちゃんやさくらちゃんを引っ張っていけたら。頑張ろうという思いでアフレコに挑みました」と先輩アイドル・美月役を演じる寿に感謝の言葉を述べるとともに、固い決意があったことを明かした。

そのいちごからバトンを渡されたのがあかりで、あかり役を演じる下地は「隣で座っているだけで力をもらえる。本当に頼りになる先輩」と諸星を信頼しきり。諸星も「いえいえ、こちらこそです」と頭を下げ、「『アイカツっていいよね』といつも話しています」と下地とふわりとした笑顔を見せ合うなど、温かく確かな絆を育んでいる様子だった。

最後には諸星が、「いちごちゃんが美月さんを追いかけて頑張っているように、私も目標や憧れを持って頑張ってきました。みんなにも夢に向かって頑張っていってほしいな。素敵な女の子や素敵なアイドルになってもらえたら嬉しいなと思います」と会場に駆けつけた女の子たちにメッセージ。大盛況の舞台挨拶を締めくくった。【取材・文/成田おり枝】

Movie Walker

トピックスRSS

ランキング