永久保存版!BUMP OF CHICKENの貴重すぎる初のイベントを徹底再現【Part1】

Movie Walker / 2014年12月10日 13時9分

トークイベントに登壇したBUMP OF CHICKEN(左から直井由文、藤原基央、升秀夫、増川弘明)と山崎貴監督

1994年のデビュー以降、J-ROCK界を牽引してきたバンド、BUMP OF CHICKEN。現在、彼らのツアー“WILLPOLIS 2014”の様子と、映画監督の山崎貴が手掛けたオープニングアニメーションの完全版を収めた、初のドキュメンタリー映画『BUMP OF CHICKEN WILLPOLIS 2014 劇場版』が公開中。その初日には、BUMP OF CHIKENのメンバー(藤原基央、増川弘明、直井由文、升秀夫)と山崎監督が登壇した初のトークイベントが開催された。MC鮎貝健のナビゲートのもと、ユーモア溢れるコメントで会場の笑いを誘ったり、メンバー同士で完璧なフォローを見せたりと、トーク中の雰囲気はゆるやかなものに。少年のようにふざけながらも口にする言葉は熱く、BUMPらしさが発揮された同イベントの模様を徹底レポートする。

MC「では早速、色々お話をお聞きしたいと思います。東京国際映画祭で『寄生獣』のクロージング上映の際にも、山崎監督とメンバー、奇遇にも同じ会場で舞台挨拶されましたよね」

山崎「今日はだいぶ落ち着いてるよね。ホーム感があるのかな」

直井「この前は監督がいなかったら本当にヤバかったですよ。全部が僕らの仲間ですから。かなり落ち着きますよ。ホームですもん。なんかあったかい!」

MC「裏ではみなさんリラックスされてましたよね」

直井「はい、ポップコーン食べてました」

MC「衣装を取り違えるというハプニングもあったようですが…」

藤原「そうなんですよ。俺のやつ、なんかブカブカすると思って、ヒロ(増川)を見たらきつそうで…。(しばらく何も言わない増川の顔を覗きこみながら)なんか言えよ、お前(笑)」

増川「今、言おうとしたじゃん!そうなんです、二人の衣装が逆になっていたんです」

直井「完全に細さゆえの過ちですよね」

MC「バックステージでは、ほっこり和まれていたとのことで、だいぶ場慣れした様子のBUMPのみなさんに、色々なお話を…」

直井「まだ2回目ー!」

山崎「場慣れはしていませんよね。まだカチカチ感はある。でも、前よりは良くなってきてるので、成長のあとは見える(笑)」

藤原「ありがとうございます!でも、こういう時に、マイクもっていないほうの手をどこに置いたら良いのかわからない…」

直井「よし、決めよ、決めよ」

升「とりあえず、膝いっとこうか?」

藤原「うん、膝ね」

MC「…では、膝に手を置きつつ、リラックスして頂ければと思います。六本木の劇場にたくさんのお客さんが来てくれていますが、今日は19もの劇場に生中継もされています」

Movie Walker

トピックスRSS

ランキング