カイヤ「今年は麻世と離婚して、結婚する!」と宣言

Movie Walker / 2015年1月7日 15時22分

カイヤが「麻世と離婚して、結婚する!」と宣言

『シン・シティ』(05)の新章となる3D映画『シン・シティ 復讐の女神』(1月10日公開)の開運大ヒット祈願イベントが、1月7日に赤城神社で開催。占い師タレントのゲッターズ飯田が、2014年悲喜交々のカイヤと水沢アリーに、2015年の展望を提言した。

ゲッターズ飯田から「年末から、来年、再来年、良い男が出てきます。そこで結婚する人が良いです」と言われたカイヤは目を輝かせ、「今年は離婚して、結婚する。幸せになりたい!」と力強く語った。

ゲッターズ飯田はカイヤに「情熱的で真面目。尽くしすぎて浮気されるタイプ。男が調子にのってしまう。やさしいのに口が悪いから勘違いされる」と指摘。カイヤも「そうそう!料理もマッサージも毎日するの」とうなずく。続いて「今年からモテ期に入る」と言われたカイヤは「(川崎)麻世が今までしたよりももっと浮気しようかと。去年、爆発が始まったけど、もっと爆発しようと思う」とやる気満々。するとゲッターズ飯田が「16年に、麻世さん戻ってきますよ。逃げると追いかけます」と言うと、カイヤは「絶対イヤ」と頑なに否定した。

水沢は、ゲッターズ飯田から「変わり者で自由人。ほぼ人の話を聞いてない。究極におっちょこちょい。耳をなめられると弱い。ニオイフェチ」と指摘され大笑い。カイヤも「ちょっと変態よね」とダメ出し。水沢は「結婚したい」と希望を言うが、ゲッターズ飯田は「占い的には今年、来年が良い。でも、事務所的には怒られるかな」と水をさした。いずれにしても、2人の今年の運勢はとても良いそうだ。

『シン・シティ 復讐の女神』は、“罪の街”を舞台に繰り広げられる物語を描くグラフィックノベルを、ロバート・ロドリゲスと原作者のフランク・ミラーのコンビで監督し、映画化した新章となる。前作から続投となったジェシカ・アルバ、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリスらに加え、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、ジョシュ・ブローリン、エヴァ・グリーンら豪華なキャストが集結した。【取材・文/山崎伸子】

Movie Walker

トピックスRSS

ランキング