西島秀俊は終始笑顔!「MOZU」俳優の激渋スーツ姿を激写

Movie Walker / 2015年10月28日 13時56分

隣のビートたけしの過激なジョークに、西島秀俊は終始笑顔!

西島秀俊や池松壮亮ら、魅力的な男性キャストが顔を揃えたことでも話題を呼んだ「MOZU」シリーズ。10月27日に開催された『劇場版 MOZU』(11月7日公開)のワールドプレミアは、映画版から参戦する松坂桃李、伊勢谷友介も登場し、まさにイケメンぞろいのイベントに!女性ファンから黄色い声援を浴びた同イベントの様子を、彼らが無邪気な笑顔を見せた写真と共に振り返ってみたい。

「現場では肋骨にヒビが入ったり、角膜を壊したりしまして…」と、撮影中の仰天エピソードを明かしていた西島。彼が演じる倉木は、劇中では常に傷だらけ&血だらけの印象だが、この日は光沢のあるスーツをバッチリ着込んで、シブい大人の色気を演出。それにこのクシャッと崩した笑顔が女心をわしづかみに!?

ビートたけしの毒づいたギャグに笑顔を見せつつも、終始、言葉少な目だった池松壮亮。シリーズのキーマンともいうべき新谷役で絶賛されるも、劇中では“暗殺者”だけに重苦しい佇まい……それがこの日は一転、毛皮ミックスの超個性的ファッション!ある意味、最も目立っていたかも!?

残虐なテロリスト、権藤役でシリーズ初登場となった松坂桃李。「そんな役でもためらいはなかった」と断言した彼だが、この日は持ち前(!?)の好感度高いスマイルで観客を魅了。レザーをあしらったハイウエストのジャケットを着こなしていた。

「たけしさんの右腕役で、光栄でした」と語ったのは、冷酷な犯罪プランナー、高柳役の伊勢谷友介。劇中キャラクターと同様、オールバックでクールな印象の伊勢谷は、パープルのシャツに格子柄のジャケットを着用。抜群のスタイルだけに実に“画”になる!

西島演じる倉木と同様、シリーズでは渋面ばかり見せていた大杉役の香川照之も、この日は笑顔!11月8日(日)、15日(日)にWOWOWで2週連続放映される「MOZUスピンオフ 大杉探偵事務所」では主役として登場するだけに、どんな豊かな表情を見せてくれるのか?

イベントでは、シリーズ最大の謎である“ダルマ”を演じたビートたけしが下ネタ&毒舌で抜群の存在感を発揮していたが、そのほかにも真木よう子、杉咲花、羽住英一郎監督ら計9名が登壇。『劇場版MOZU』の公開初日11月7日(土)に向け、ますます盛り上がりを見せるこの秋の「MOZU」ムーブメント。これを機に、好みの俳優を見つけて「MOZU」ワールドにどっぷりとハマってみては?【取材・文/トライワークス】

Movie Walker

トピックスRSS

ランキング