『リップヴァンウィンクルの花嫁』は自宅鑑賞でも映画館クオリティ!?

Movie Walker / 2016年8月31日 16時30分

家庭用スピーカーでも立体音響が楽しめる「KISSonix 3D SYSTEM」を生み出した、伊藤カズユキ氏

映画館で作品を鑑賞する時の魅力の1つは、ハイクオリティなサウンド。最近では、映画館の視聴環境を自宅でも再現できるような優秀な機器が増えている。しかし、そういったものは軒並み高額で、こだわろうとすればするほど、なかなか手を出しづらいことだろう。

しかし、そんな我々を救う、まさに救世主とも言えるような技術が存在するのをご存知だろうか?それは上下左右、多方面から音に包まれる感覚に陥る“3Dサウンド”を展開できるエンコード・制作技術、「KISSonix(キスソニックス) 3D SYSTEM」だ。

通常、立体的な音を聞くためには、複数のスピーカーを自分の周りに設置しなければならない。しかしこの技術のすごい所は、そのような機材を必要としないこと。普段使用しているステレオスピーカーでも、映画館のような圧倒的クオリティのサウンドを再生することが可能となる。

そんな、にわかには信じがたい技術を生み出したのが、キスソニックス株式会社の伊藤カズユキ氏だ。自ら音楽家として活動している傍ら、音に強いこだわりを持ち続け、この技術が実を結んだのだという。

――KISSonix 3Dは、イヤホンやヘッドホンでも立体効果が得られるのでしょうか?

「はい、得られますよ。と言うより、KISSonix 3D以前から、イヤホンやヘッドホンの立体サウンドは『バイノーラル』という別の技術で確立していました。ちょっと話がズレてしまいましたが、KISSonix 3D SYSTEMでエンコードすれば、イヤホンやヘッドホンでも3Dサウンドを聞くことができます」。

――では、敢えて“スピーカーからの立体音響”にこだわった理由はなんなのでしょうか?

「ヘッドホンの場合は1人でしか楽しめないじゃないですか。これが僕、ちょっとネックだなと思っていて。その点、スピーカーはみんなで聞ける。僕自身は、最初にこの技術を考え始めたときから、『ヘッドホンとスピーカー、どちらかを選ぶのならスピーカーがいいな』と決めていたんです。“同時にたくさんの人達が楽しめる”っていう要素、音楽からは外せないと思ったんですよね」。

――スピーカー、とは言っても様々ですよね。一般的な家庭用スピーカーからでも良質な音を楽しめるというのは、すごくメリットです。

「みなさんがどのようなスピーカーを使うか分かりませんからね。大きいスピーカーなのか小さいスピーカーなのか、本当に千差万別。視聴する部屋の広さも違うし。イヤホンとかは、そういうのにはあまり左右されないんですけど。どのスピーカーから聞いても、良質な音が“飛び出して”聞こえるように、こちらで音の配置をするんです」。

Movie Walker

トピックスRSS

ランキング