胃がんや十二指腸潰瘍になりやすい血液型は?

MYLOHAS / 2019年5月6日 7時20分

胃腸を傷つける生活習慣は、食べ過ぎ・飲み過ぎだけではありません。日本人に多い消化管のがんを防ぐためにも、胃腸のケアは重要。予防医学医の奥田昌子さんが教える「胃腸を最速で強くする方法」を、毎日ひとつずつご紹介します。

血液型 images via shutterstock

近年、興味深い発見がありました。それは、十二指腸潰瘍と血液型の相関関係です。十二指腸潰瘍を起こした日本人と、そうでない日本人の遺伝子を比較したところ、O型の人はA型の人とくらべて十二指腸潰瘍の危険が1.4倍も高かったのです。

血液型と疾患の関わりはこれまでにも指摘されています。報告されているのは下記のような関係性です。

O型は十二指腸潰瘍になる危険がA型の1.4倍高いが、胃がんになりにくい。 A型はO型より胃がんを発症しやすい。 B型は膵臓がんになる危険がO型の約1.7倍高い。 AB型はO型とくらべて脳卒中の危険が約1.8倍高い。

血液型を決める遺伝子は、血液の中の赤血球だけでなく、体内の多くの組織で働いています。なんらかの形で病気の発症と関わっていてもおかしくはありません。

とはいえ、血液型よりも生活習慣のほうが病気に影響するということは、研究者の共通見解。あくまで参考にとどめておきましょう。

30日間の「胃腸を強くする方法」をもっと見る

胃腸を最速で強くする 体内の管から考える日本人の健康 (幻冬舎新書)

胃腸を最速で強くする 体内の管から考える日本人の健康 (幻冬舎新書)

842円

購入する

「胃腸を最速で強くする 体内の管から考える日本人の健康」(幻冬舎新書)

胃腸book

「胃痛の原因はストレス」「ヨーグルトで便秘が治る」――そんな誤解をしていませんか? 人間の体は巨大な一本の管=消化管でできているのに、私たちは驚くほどその実態を知りません。本書では強い消化管をつくるために欠かせない食事や生活習慣を、日本人の体質を研究する予防医学医の奥田昌子さんが解説。なぜ日本人は「胃腸が弱い」のか、その秘密を紐解きます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング