不安を手放せないのはなぜ? 心理的な理由と解決策

MYLOHAS / 2019年6月11日 7時20分

不安に襲われる女性

人間ならば、不安は感じるのが当然です。もし不安という感情が不要なものであれば、ヒトの進化の過程で消えていったはずですが、そうはなりませんでした。

なぜなら、不安を感じることによって危険を未然に防ぐことができたからです。こうして人間は不安を乗り越えるために知恵を生み出し、高度な文明を築いてきたのです。

つまり、不安はあって当たり前、不安の感情を否定する必要はありません。

ただし、今、自分は何に対して、どんな不安を感じているのかということを客観的に見ることが大切です。「私はこういうことに対して、こんなふうに不安を感じているんだ」ということを、日々分析してみましょう。

頭の中で言語化する、人に話してみる、何でもかまいません。人間は、見えてくるもの、見える化したものに対しては手放すことができるのです。見えないものは手放せない。だから不安を感じたら、自分は具体的に何が不安なのかを考えて、明確にしてみましょう。

30日間の「自己肯定感を上げる方法」をもっと見る 川野さん

川野泰周(かわの たいしゅう)先生臨済宗建長寺派林香寺住職/RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック副院長。2005年慶応義塾大学医学部医学科卒業。臨床研修修了後、慶應義塾大学病院精神神経科、国立病院機構久里浜医療センターなどで精神科医として診療に従事。2011年より大本山建長寺専門道場にて3年半にわたる禅修行を行った。現在は寺務の傍ら精神科診療にあたり、マインドフルネスや禅の瞑想を積極的に取り入れた治療を行う。著書に『ずぼら瞑想』(幻冬舎)、『会社では教えてもらえない 集中力がある人のストレス管理のキホン』(すばる舎)などがある。精神保健指定医・日本精神神経学会認定専門医・医師会認定産業医。

あなたが今抱えている不安は?

人生がうまくいく人の自己肯定感: 努力より、環境より、才能より大事なもの (単行本)

人生がうまくいく人の自己肯定感: 努力より、環境より、才能より大事なもの (単行本)

1,512円

購入する

取材・文/島田ゆかり、image via shutterstock

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング