身体と脳の疲れがゼロになる。話題のプログラムを体験してみた

MYLOHAS / 2019年8月30日 12時0分

脳の疲れ

現代人は身体疲労だけでなく、脳の疲労に悩まされている──。その両方の疲労を一度に取り除くことを目的としたジムが話題です。

残業続きで疲れ気味のMYLOHASエディターA子と、締切で夜更かししがちなライターB子が、東京・千駄ヶ谷にある疲労回復専用ジム「ZERO GYM(ゼロジム)」を体験してきました。

身体と脳の疲れをゼロにする!

ゼロジムのエントランス

出迎えてくれたのは、ゼロジムを運営する株式会社ビジネスライフの高橋孝介さんと、インストラクターの松室有紀さん。

高橋さん :

こんにちは。今日は溜まった疲労をここでゼロにして楽になっていただきましょう。

エディターA子 :

ゼロジムの「ゼロ」は、そういう意味なんですね。

高橋さん :

現代人を悩ませる、身体の疲労と脳の疲労というふたつの疲労を取り除いてゼロにする、が私たちのコンセプト。

瞑想の時間を長めにとっているのが特徴で、フィットネスだけでなく、脳の疲れを癒すマインドフルネスを実践する場所として考えていただけたら。

松室さん :

さっそく体験していただきましょう。ところでおふたりは、普段運動は?

エディターA子 :

最近、ピラティスに通いはじめました。

ライターB子 :

私は筋トレをしに、ごくたまにジムに行くくらいで──(と、不安な表情)。

松室さん :

大丈夫です(笑)、どなたでもできるプログラムなので心配は無用ですよ。今日は75分間の疲労回復プログラムを体験していただきます。ではスタジオへどうぞ!

呼吸をととのえながら、ストレッチで気持ちよくスタート

ゼロジムの内観

ライターB子 :

わあ、おしゃれな空間! 窓が広くて、夜景がきれい!

松室さん :

これから、ストレッチ→自重トレーニング→瞑想・マインドフルネス→脱力という4段階を、流れるように進めます。この自重トレーニングはヨガと違って、かなりキツいな、というところまで頑張ってもらいます。

身体をめいっぱい使うことで、あとの瞑想、脱力の効果がより高まるというわけです。

A子&B子 :

が、頑張ります(汗)!

まずは最初は、ゆっくり呼吸のリズムをととのえながら、気持ちよくストレッチ。その後自重トレーニングに突入です。肩甲骨の周囲をはじめ、伸ばしたいところをしっかり伸ばしながら、筋肉にも適度な負荷をかけて、なかなかいい感じ。

が! 次第に筋肉にたっぷり負荷をかけるキツい姿勢に──。ニコニコ余裕の表情だったふたりも、まさに目が真剣!

初心者にはちょっとキツめ!? 自重トレーニングで頑張る

松室さん :

はい! 次は四つん這いからお尻を上げて背中を伸ばす、ヨガの「ダウンドッグ」のポーズ。ここでは「姿勢をきれいにするポーズ」といっています。はい、頭をしっかり引っ込めて!

エディターA子 :

(うう……ギリギリだけど頑張る)

松室さん :

次は脚を後ろに高く上げて! もっと高く! もっともっと!

ライターB子 :

……(私はもはやここまで)!

松室さん :

あと2cm! 頑張って!! そう! ナイス・アップ!!

穏やかだった松室さんの声が、ほんの一瞬、部活の鬼コーチの声に豹変(したように聞こえます)。床についた手で自分の体重を支えるのが精一杯。筋肉を震わせながら、最後までやり遂げました。

その後、あぐらを組んでの瞑想に入り、最後は仰向け、ブランケットをすっぽり被って脱力──。

瞑想&脱力。驚きのすっきり感に大満足!

ゼロジム

再び穏やかに響く松室さんの声が、ふたりをゆるやかな時間へと導きます。音楽はいつのまにか優しい癒し系に。実は、リラックスしやすくなるよう室温も少し下げられていたそう。

余計なことを何も考えずに脱力していると、やってきたのは究極のリラックス状態。しばらく心地いい時間に身を委ねることができました。

松室さん :

……はい、お疲れさまです。いかがでしたか?

ライターB子 :

……これがリラックスの極致!? 頭も身体も、ものすごくすっきりです。

松室さん :

今日は15分ほどの瞑想でゆっくりしてもらいました。

エディターA子 :

ええっ!? ほんの5、6分かと!

瞑想には苦手意識があったんですが、松室さんの声と流れている音楽に身を委ねたら、これまでで一番集中できました。

松室さん :

ここにきて瞑想を深めていくと、その後の一週間がすごく穏やかに過ごせるようなり、一日一日が充実するとみなさんおっしゃいます。

頭がクリアになって視力までよくなった気がする! という方もいましたね。

高橋さん :

ビジネスのパフォーマンスを上げるために利用される方もたくさんいらしています。30代、40代の女性の方もとても多いですね。

ライターB子 :

瞑想ですっきり疲れが取れるこの感覚が、とても新鮮! 大満足です。ぜひ続けたいと思います!

疲れをとりたい!ZEROGYM SENDAGAYA

住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷4-20-3 東栄神宮外苑ビル8F
電話番号 03-6721-0233
月額会費(千駄ヶ谷店):月2回コース/13,996円 月3回コース/17,992円 月4回コース/19,990円(すべて税込)
疲労回復プログラム1Day プラン 75分 7,992円/回(税込)
※入会には入会金21,600円・事務手数料5,400円(いずれも税込)が必要です。
※1クラス6人まで。男女別クラス。
※新宿店もあり。

取材・文/加藤智子、企画・構成/寺田佳織(マイロハス編集部)、image via shutterstock

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング