気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

MYLOHAS / 2019年9月18日 10時45分

トリンプFashion Shape 美トレヒップ images via shutterstock

せっかくお気に入りの一着を手に入れたなら、デザインやシルエットを生かして素敵に着こなしたいもの。

それなのに、SNSなどで自分の後ろ姿を見て「あ然」。お尻は垂れているし、下着のラインもけっこう目立ってる……。あまり目にすることのない自分の後ろ姿、油断していませんか?

気になるヒップまわり対策。手っ取り早いのは

トリンプFashion Shape 美トレヒップ images via shutterstock

後ろ姿、とくにヒップまわりは気になるけれど、エクササイズで美尻を手に入れるにはかなり時間がかかりそう。日頃から自分磨きに余念がないMYLOHAS読者の高田優花さんは、日常的にスクワットなどをしてはいるものの、「お尻の筋肉はついても一時的で、トレーニングをやめるとすぐに落ちてしまう気がする」と語ります。

また、スリムな体型でも「運動をしていないので、加齢とともにお尻が垂れ下がっているのではないかと不安」と話すのは、MYLOHAS編集部員T。以前取材したトレーナーから、デスクワークで座っている時間が長いと四角いお尻になると聞いて、どうにかしたいと思っていたそうです。

手っ取り早くヒップアップ効果を狙うなら、思いつくのが「ガードル」です。しかし、ふたりはガードルに対してちょっとネガティブな印象を抱いている様子。

「母が穿いていたイメージが強く、ベージュでレーシィでババくさいという印象。穿くのも大変そうだし、脱ぐと跡がついてしまうのも気になります」(高田さん)

「私もやはり“おばさんっぽい”イメージはありますね。ヒップの丸みやスタイルを重視するのではなく、ただ締めつけるだけなら動きにくそうだし、血行も悪くなりそうです」(編集T)

ガードルは穿きにくくて脱ぎにくい、動きにくい、デザインもちょっと……。そんな先入観があって、ガードルを穿こうと思わない、もしくはあきらめてしまったという女性が多いようです。

話題の「進化系ガードル」の実力は? 実際に穿いてみた

「まわりに穿いている人もいないし、ガードルは縁遠い存在」と口を揃えるふたり。

そこで試してもらったのが、トリンプの「Fashion Shape 美トレヒップ」。穿くだけでラクにヒップラインをメイクすると話題のガードルです。

まず手にとってみたときの第一印象は「デザインがおしゃれ」なこと。薄手で伸縮性があり、見るからに美しいヒップを叶えてくれそうな立体的なガードルです。穿き心地はいかに?

トリンプFashion Shape 左/Before、右/After

「穿いただけで、ぐいっと持ち上げられるのがわかりました。ホールド感はあるのに、窮屈ではないですね。アウターに響かないところも素敵です。トレーニングにそのまま穿いて出かけたいくらいです(笑)」(高田さん)

トリンプFashion Shape 左/Before、右/After

「とても穿きやすいですね。通気性がいいのか、長時間穿いてもわずらわしさを感じることなく快適でした。骨盤が安定して姿勢が整い、歩きやすくなった気がします。デザインもおばさんっぽい感じはなく、これなら日常使いできますね」(編集T)

ビフォーアフターの差は歴然で、興味津々で撮影に立ちあっていた編集部員たちからは「おお」というどよめきが起こったほど。たしかにヒップアップされ、丸みのあるきれいなラインが強調されています。

わたくしライターOも実際に試着してみましたが、締めつけられるという感覚ではなく、しっかりホールドしてくれるという感じ。いい意味で緊張感が生まれ、背筋もピンとして気持ちがいいです。

裾は切りっぱなしなのでアウターに響きませんし、素材がやわらかく縫い目が少ないので、脱いだときの下着のあとも気になりません。滑らかな素材はすべりがよくて脱ぎ着もラクチン。汗をかきながらガードルと格闘していた時代が嘘のようです。

美しいヒップラインを手に入れて、気持ちまで上向きに

トリンプFashion Shape

窮屈で我慢が必要、締めつけるだけでお尻がぺちゃんこになりそう――。そんなガードルへのイメージをガラリと覆す画期的なガードル「Fashion Shape 美トレヒップ」。

トリンプFashion Shape

ヒップを横と下からしっかり支え、上向きで立体的なヒップラインをつくりながら、必要なところだけサポートするので穿き心地はラクチン。日常使いできるので、毎日キュンと上がったヒップラインをメイクしてくれます。

縫い目を最小限におさえた特殊加工の生地なので、アウターに響く心配もなく、ボディラインが出やすいニットのワンピースや細身のパンツも美しい後ろ姿で着こなすことができます。

トリンプFashion Shape ブラックとベージュのほかに、ピンクとブルーがラインナップ。「美トレヒップ」各5,940円(税込)※2019年9月現在の価格です。

うれしいのは、見た目にも美しいデザインであること。これまでのシェイプウエアにはない女性らしくスタイリッシュなフラワー柄で、セットアップで着用できる同柄のブラジャーも展開。4色とカラーバリエーションも豊富なので、着る服にあわせて選ぶ楽しさも味わえます。

美しい後ろ姿をキープするには、日ごろのエクササイズはもちろん効果的。そしてもうひとつの習慣にしたいのが「Fashion Shape 美トレヒップ」。百貨店のほか、大型スーパーの下着売り場で試着および購入可能です。

キュンと上向きになった女性らしいヒップラインを手に入れれば、ファッションももっと楽しくなり、心まで上向きになるはず。女性にとってこれほどうれしいことはありませんね。

トリンプFashion Shape

[Fashion Shape 美トレヒップ]

sponsored by トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社

撮影/中山実華

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング