第一線で活躍する研究者が語る「自分だけの研究テーマの見つけ方」 - 「第6回 科学の甲子園全国大会」特別シンポジウム

マイナビニュース / 2017年3月21日 12時0分

写真

画像提供:マイナビニュース

科学技術振興機構(JST)は3月17日~20日、茨城県つくば市において「第6回 科学の甲子園全国大会」を開催。各都道府県の選考を経て選抜された47校・361名の高校生たちが科学に関する知識やその活用能力を競った。本稿では大会3日目に行われた特別シンポジウム「君だけのテーマの見つけ方」の様子を中心にお届けする。

科学の世界においては、「どんな研究テーマを選ぶか」がその後の研究者人生を大きく左右する。同シンポジウムでは、第一線で活躍する3名の科学者をパネリストとして「自分だけのテーマをどう見つけるか」「テーマを見つける際に大切なことは何か」などといったことが、会場内の高校生たちからの質問や意見も参考にしながら活発に議論された。

○第一線で活躍する若手研究者はどのようにテーマをみつけたのか

パネリストとして登壇したのは、「生物ソナー」と呼ばれるコウモリの効率的な超音波センシングの仕組みを研究する同志社大学 飛龍志津子准教授、粘菌アメーバの並列処理法に学んだ「アメーバモデル」を組合せ最適化問題に適応し、これをさまざまなナノデバイスに実装することでさまざまな分野への応用を目指す東京工業大学 青野真士特任准教授、折り紙の折りたたみパターンを利用した医療器具「折り紙ステントグラフト」の開発者であり、現在は細胞折り紙技術を用いて再生医療の研究を行う北海道大学 繁富香織特任准教授の3名。彼らはどのようにして、現在の研究テーマにたどり着いたのだろう。3名はそれぞれ次のように振り返った。

「文系科目が苦手で工学部に進んだ。修士課程での研究が面白かったので博士課程へ進学したいと思ったが、女性ということで親に心配されたため進学を諦めて企業に就職した。しかしどうしても諦めきれず、結婚後に会社の制度を利用し博士課程へ進学。その際に指導教官から提示されたコウモリに興味を持った」(飛龍氏)

「高校生のときはラグビーのことしか考えておらず、文系・理系というよりは体育会系だった。大学では自分でビジネスをやっていたりもしたが、大学院進学を考えた際に現在の専門分野である複雑系科学に出会った」(青野氏)

「高校時代は毛利衛氏に憧れて宇宙飛行士になりたいと考えていた。大学は機械工学部へ進学し、フキの一種がどうやって折りたたまれているかを調べることでソーラーパネルの展開技術へ応用できないかという研究を行っていた」(繁富氏)

3名とも、初めから研究者になりたいと考えているわけではなかったようだ。青野氏は「テーマは常に変化するもの。研究でもスポーツでも、強烈に好きになる強さがあれば、テーマや目標が変わっても強いモチベーションでチャレンジしていける」という。

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング