「JR東日本おみやげグランプリ」総合グランプリは新宿駅の人気お菓子に決定

マイナビニュース / 2017年7月18日 8時51分

写真

JR東日本はこのほど、会社発足30周年を記念して実施した「みんなが贈りたい。JR東日本おみやげグランプリ」の結果を発表した。ウェブとはがきによる投票の結果、東京都からエントリーした「バターフィナンシェ」が総計9万4,300票の最多得票を獲得して総合グランプリに選出された。

「みんなが贈りたい。JR東日本おみやげグランプリ」は、東日本エリアの1都16県からエントリーした128品の中から一般投票グランプリを決定する企画。菓子・食品・地酒・工芸品の4部門に分かれ、各部門ごとに金賞・銀賞と発売から5年以内の商品を対象とした新人賞を選出した。

総合グランプリに選ばれた「バターフィナンシェ」は、「さっくり×ふんわり」の軽快さが魅力のお菓子。投票者からは「すべてが完璧! 見た目も味も楽しめて誰に渡しても喜ばれる」「程よい柔らかさ、程よい甘さが非常に美味しく感じました」などの声が寄せられた。新宿駅「NEWoManエキナカButter Butler」などで販売されている。

各部門では、お菓子部門で「桔梗信玄餅」(山梨県)が金賞、「元祖くず餅」(東京都)が銀賞、「TERAKOYAオリーブサンド」が新人賞を受賞。食品部門では「三陸海宝漬」(岩手県)が金賞、「佐藤養助 稲庭うどん」が銀賞、「牡蠣の潮煮」(宮城県)が新人賞となった。地酒部門では、「上越線ビール」(群馬県)が金賞、「新潟しゅぽっぽ」(新潟県)が銀賞、「RailBar」(山梨県)が新人賞を獲得。工芸品部門では、「SUWADAつめ切り CLASSIC」(新潟県)が金賞、「JR東日本30周年記念まめぐいみやげセット」(東京都)が銀賞、「益子焼マグカップ」(栃木県)が新人賞となった。

その他、「御用邸チーズケーキ」(栃木県)、「東京ばな奈」(東京都)、「昔ながらのシウマイ」(神奈川県)が特別賞に選ばれた。
(佐々木康弘)

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング