2016年比で主要SNSの広告配信に不快感を持つ人が増加へ - ジャストシステム

マイナビニュース / 2017年10月13日 11時15分

写真

ジャストシステムは10月12日、「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年9月度)」の結果を公表した。

同調査は9月29日~10月1日の期間、15歳~69歳の男女1100名を対象に、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」にて、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施したもの。

全70ページの調査結果レポートは「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページから無料でダウンロードできる。本記事では、その結果の一部をレポートする。

○主要SNSの「広告配信に不快感を持つ」人は、昨年に比べて増加

スマートフォンを所有する人のうち、主要SNSで表示される広告について「不快感を抱くことが多い」と回答した人の割合は「Twitter」が29.9%、「Facebook」が26.1%、「Instagram」が25.0%、「LINE」が23.5%という結果となった。

2016年10月度調査では「不快感を抱くことが多い」と回答した人の割合は、「Twitter」が22.5%、「Facebook」が20.3%、「Instagram」が20.7%だったため、昨年に比べSNSで表示される広告について不快感を持つ人が増えていることがわかる(LINEは調査対象外)。

一方で、主要SNSで表示される広告について「不快感を抱くことはほとんどない」と回答した人の割合は、「LINE(33.3%)」が最も高く、次いで「Instagram(29.1%)」「Facebook(25.8%)」「Twitter(25.4%)」となった。

○2割が、SNSなどのデータ通信が無料となる「カウントフリースマホ」を認知

スマートフォンを所有する人に、特定サービスに使ったデータ通信量は使用したデータ量に加えない「カウントフリー」機能が使えるスマートフォンについて聞いたところ、「現在使用している」人は7.2%、「購入を検討している」人は5.4%、「知っているが、する予定はない」人は10.8%という結果に。

「カウントフリー」を設定できるスマートフォンについて、23.4%の人が認知していることがわかった。
(小松原綾)

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング