MicrosoftとAWS、機械学習の利用を容易にする「Gluon」を発表

マイナビニュース / 2017年10月13日 17時2分

写真

MicrosoftおよびAWS(Amazon Web Services)は2017年10月12日(現地時間)、新たな機械学習ライブラリ「Gluon」を共同で発表した。Microsoftの説明によれば、GluonはAWSの機械学習フレームワークであるApache MXNet上で動作し、あらゆるデバイスに対する機械学習モデルの試作や構築、トレーニング、そして導入が可能になるという。Microsoftは深層学習用ライブラリCNTK(Microsoft Cognitive Toolkit)をリリースしているが、今後Gluonの更新時にCNTKはサポートされる。

Gluonを利用することで開発者は、事前構築し最適化済みのニューラルネットワークコンポーネントとシンプルなPython APIを使って機械学習モデルを構築できる。また、ニューラルネットワークサイズの動的変更や、トレーニングアルゴリズムとニューラルネットワークモデルを組み合わせることで、開発者は1ステップ単位のモデルトレーニングも可能。その結果としてデバッグや更新なども容易になる。

AWS VP Amazon AI, Swami Sivasubramanian氏は「機械学習モデルの構築やトレーニングは労力と専門知識を必要とする。我々は機械学習をより使いやすくするためGluonを開発した。今後も進化させ続ける」とMicrosoftとのコラボレーションに前向きな姿勢を見せた。また、Microsoft CVP AI and Research, Eric Boyd氏は「機械学習は我々の仕事や交流といったあり方を変える能力を持っている。そのため、適切なツールを提供しなければならない。Gluonはその第一歩だ」と意気込みを語った。

Gluonはオープンソースとして、APIはGithubで公開し、チュートリアルは公式サイトで確認可能。なお、執筆時点ではApache MXNet 0.11が動作対象となる。

阿久津良和(Cactus)
(阿久津良和)

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング