NEC、LPWAの1つであるLoRaWANに準拠したネットワークサーバを製品化

マイナビニュース / 2017年11月15日 17時40分

写真

画像提供:マイナビニュース

NECは11月15日、低消費電力で広域通信を実現する新無線通信技術「LPWA」の1つであるLoRaWANに準拠したネットワークサーバを製品化し、2017年12月より通信事業者向けに提供開始すると発表した。

同製品は今後、拡大が見込まれるLoRaWANに準拠したセンサーデバイスの収容・管理を容易に実現するというもの。LoRaWAN対応ゲートウェイを介して本規格に準拠するセンサーデバイスと接続し、ID管理・データレート制御・チャネル割当てなどが可能だ。

また、通信事業者の様々なサービス提供形態を想定し、柔軟なマルチテナント・マルチデバイス管理機能を提供。複数の企業・サービス事業者による同一センサーデバイスの共有や、複数の企業・サービス事業者がそれぞれ保有するセンサーデバイスの制御などを行うことができる。

さらに、LoRaWANを活用した様々なサービスアプリケーションとの連携が可能なWebAPIを提供することで、企業・サービス事業者にとって高い接続自由度を実現するという。

なお、同製品は大井電気を始めとした複数のLoRaWAN対応ゲートウェイとの接続検証を完了しており、それらと組み合わせて通信事業者へ提供していく。
(安川幸利)

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング