デトックスや美肌がコンセプトの有機野菜使用の美活サラダスープ発売

マイナビニュース / 2018年1月13日 11時7分

写真

画像提供:マイナビニュース

薬糧開発が運営するオーガニックカフェ「CINAGRO ORGANIC SALAD & CAFE(シナグロ オーガニックサラダ&カフェ)」は1月17日、オーガニック野菜を使用した「BIKATSU SALAD SOUP(美活サラダスープ)」を発売する。

同商品は、埼玉県羽生市にある自社農場から届く自社野菜をメインに、全国の有機農家から仕入れるオーガニック野菜を使用したスープ。

季節に応じて「美肌」「温め」「デトックス」をコンセプトにし、それぞれの効能が期待できるビタミンやミネラル、食物繊維などを豊富に含んだ食材を使用したスープを10種類、毎週2品を週替わりで提供する。いずれも具だくさんで、一日に必要な野菜のおよそ半分を摂取できるという。

美肌がコンセプトのスープは3種類。「酒粕クリームシチュー」(880円)には、美肌効果が高くポリフェノールも含むもち麦とむくみ解消によい里芋を使用した。美肌成分のコウジ菌を含む甘酒を使った「豆乳味噌仕立て」(720円)、「食べるミネストローネ」(780円)も用意する。

温め効果が期待できるスープは4種類取りそろえる。「体温めトムヤムスープ」(780円)にはしょうがやねぎ、にらを使用。冬の根菜や玄米ともちきびをあわせたおこげ入りの「和風酸辣湯」(600円)、「身体ほっこり牡蠣チャウダー」(880円)、「ごろごろ野菜のグラタンスープ」(880円)も販売する。

デトックス効果が期待できるスープは、食物繊維豊富な大根やもち麦入りの「もち麦入りみぞれスープ」(680円)、パクチーやケールを練り込んだ玄米ビーフンを使用した「デトックスグリーンカレースープ」(980円)、「カブときのこのポタージュ」(680円)の3種類を用意する。

※価格はすべて税込
(フォルサ)

マイナビニュース

トピックスRSS

ランキング