鈴木亮平、『西郷どん』第2話を絶賛! "主役"は子役・柿原りんか

マイナビニュース / 2018年1月14日 13時32分

写真

画像提供:マイナビニュース

俳優・鈴木亮平が主演を務めるNHK大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 NHK総合20:00~20:45 BSプレミアム18:00~18:45)の第2話「立派なお侍」が14日に放送される。

ふきを演じた柿原りんか(鈴木亮平Amebaオフィシャルブログより)

中園ミホの脚本で西郷隆盛の波乱に満ちた生涯を描く本作。第1話「薩摩のやっせんぼ」では、西郷の幼少期となる小吉(渡邉蒼)が島津斉彬(渡辺謙)と運命的な出会いを果たした。第2話「立派なお侍」で西郷は元服して吉之助(鈴木亮平)と名乗り、年貢徴収を行う役人の補佐役に。農政の悪しき仕組みを目の当たりにし、役人たちに怒り心頭の吉之助は斉興(鹿賀丈史)の家老・調所広郷(竜雷太)に直訴しに行く。

この第2話について、鈴木は公式サイトを通じて「はっきり言います。第2回、すばらしいです。薩摩という国のため、か弱き民のために奔走する吉之助がいますが、おのずとそうしたくなる後押しとなるのが、農民の娘・ふきちゃん(柿原りんか)の名演技! 吉之助として、強烈に心が動かされました。だからこそ吉之助は、ひたすら懸命に、走る、走る、走る……!」とコメント。

また、自身のブログでも子役・柿原りんかを絶賛し、「実は僕は、今週の主役は僕たちではないと思っております。では誰かと言いますと…村の娘『ふき』を演じた柿原りんかちゃん」「彼女の切ない熱演に、皆さんも心を奪われてしまうこと間違いなしでしょう。ぜひ、彼女の存在感と胸を打つ演技にも注目していただければと思います」「自信作です。観てくいやったもんせ!」とアピールしている。

マイナビニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング